子どもの耳かき中に出血!?まず行うべき対処法とケアの仕方!

ちいさな子供の耳かき。怖いけど掃除しなきゃいけないの??

私のように今まで恐る恐るちいさな耳を見ながら綿棒で耳かきをしていて、十分に気を付けているつもりがまさかの出血!!なんてことになってビックリしてしまったママさんのために、慌てず行う対処法、子供の耳かきをするときにママが気を付けておくべきポイントなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

子どもの耳かき中に血が出た時まずすべきこと!

子供の耳かきをするですから、ママも自分の使う耳かきではなく、子供用の小さめの綿棒や子供用の耳かきを使っておられる方が殆どだと思いますが、それでも血が出てしまった時は、おそらく耳の中の「外耳道」という耳の穴から鼓膜までの部分の壁を少し傷つけてしまったための出血かと思われます。

まずは出血の場所を確認してください。

少量の出血の場合、とくに止血などの処置も必要ありませんし、数日で良くなるものと思います。外から見える部分であれば、皮膚の傷と同じように、綿棒などで消毒しておけば治ります。

わたしも経験があるのですが、子供の皮膚は大人と違い少しこすっただけでも傷がついて出血してしまうようですので、注意が必要ですね。

 ただ、しばらく綿棒などで出血した部分を抑えても血が止まらない、大量の出血があるなどの場合はすぐに耳鼻科を受診してください。 

スポンサーリンク

子どもの耳かき中に血が出た後の耳のケア方法

とりあえず出血が止まり、傷口が乾いたら、かさぶたが出来てきますので無理にかさぶたを剥がさないようにしましょう。かさぶたを剥がすと耳だれを起こしてしまうかもしれません。子供にしばらく耳を触らないように伝えておきましょう。

 私も行くまでは知らなかったのですが、実は耳掃除は健康保険の範囲内で気軽に受診でき、むしろ「子供の耳掃除は定期的に耳鼻科に来てください」と先生に言われるものなのです。 

また、湿った耳垢の場合は自宅で耳の中を掃除するのは基本的におすすめできないようです。とくに子どもは代謝がよく耳垢が溜まりやすいので、湿った耳垢の場合は2~3ヶ月に一度耳鼻科で耳掃除をしてもらうのがいいようですね。

ここで改めて子供の耳かきをする際に気をつけるポイントを挙げてみます。

●綿棒や耳かき棒を奥まで入れない(入口1cm付近を目安にベビーオイルを少量つけるとよい)

●入り口付近の大きな耳あかは、ピンセットを使ってそっと取る

●耳掃除をしている時に人やペットを近づけないようにする

●奥の方にあって取れない耳垢は耳鼻科でとってもらう

●ライトや懐中電灯を使用し、耳元を明るくする。

子どもの耳かき中に出血!?まず行うべき対処法とケアの仕方まとめ

ママ一人で耳を照らして掃除するのは難しいですよね。私が使ってよかったのが光る耳かきです。ドラッグストアで見つけたのですが1000円超えで耳かきにしては少しお高めだったのですが、探してみると100均にもありました!耳掃除で病院も面倒だな~と思われるママは、一度お試しください。耳の中が明るいと子供の耳かきも安心です~!

スポンサーリンク