歯を白くするには重曹がいい?歯を白くする効果・コツ・使い方教えます

笑った時に白い歯が見えたら素敵ですよね。ドラッグストアやディスカウントストア、スーパーなどに、歯を白くする歯磨き粉が置いてありますが、種類が多く、値段も300円前後から1,000円以上するものまであり、悩んでしまいます。

お財布事情もあるので歯磨き粉以外で歯を白くする方法がないか調べてみたところ、歯を白くするには重曹が良いという情報を見つけました。

重曹ならご家庭にあるという方も多いのではないでしょうか。早速重曹を試してみようと思ったのですが、実際どのように使用したらよいのか分かりませんでした・・・そこで、重曹を使用した歯磨きの仕方について調べ、まとめてみました。

スポンサーリンク

歯を白くする重曹の仕組み!どうして歯が白くなるのか?

重曹の仕組みを調べたところ、いろいろな効果がありました。

重曹 人体・他の生物に害や影響を与えない、炭酸水素ナトリウム
 

効果

研磨 汚れをこすり落とす
弱アルカリ性 酸性を中和し油汚れを落とす・臭いを中和する
炭酸ガス 熱や酸により炭酸ガスを発生させ汚れを浮かせる

炭酸ガスの発生や研磨作用に弱アルカリ性を持つなど重曹には様々な効果があります。また重曹は最近では主に洗濯や掃除、その他、美容にも料理にも使用されますよね。

スポンサーリンク

 重曹で歯を磨くと歯が白く見えるのは、着色の原因となる汚れを粒子によってこすり落とすという、研磨作用が働いているということになりますね。 

歯を白くする!重曹の使い方と歯の磨き方のコツ!

重曹を使った歯磨きの仕方は2つあります。

  • 直接、重曹を歯ブラシに付けて磨く
  • 重曹をペースト状にして歯磨き粉のよう磨く

重曹を水で練ってペーストにするのが一般的ですが、ハッカ油やグリセリンを使うという方法もあります

ただし、重曹はかなり研磨作用が強いので磨く時は優しく行ってください。磨きすぎ、力の入れすぎますと歯にダメージを与えすぎる可能性があるので注意が必要です。特に人口的な歯をお持ちの方は、その歯の寿命を短くしてしまう可能性もあるので特に注意が必要です。

歯を白くするには重曹がいい?歯を白くする効果・コツ・使い方教えますまとめ

重曹は、汚れの原因であるタンパク質を分解するという研磨作用によって汚れを落とします。しかし、 注意していただきたいのですが、重曹自体には歯をホワイトニングする効果はありません。 また、研磨作用によって歯が削れたり、塩分が多く含まれているので塩分の過剰摂取を招いたり、刺激が強いので皮膚や粘膜にダメージを与えたりすることもあります。

大切なことですが、重曹を使って歯磨きをする時には、濃度や量、回数に注意してください。厳密にはホワイトニングとは違いますので、ついてしまった色素をもっと科学的に分解、分離して歯を白くするような効果を期待する方は歯科医院の受診をおすすめします。

スポンサーリンク