上棟式のご祝儀はどのくらいにすべき?金額の相場!

マイホームを建てるうえで欠かすことの出来ない儀式の一つに上棟式があります。

上棟式とは、建前(タテマエ)とも呼ばれているもので、無事に棟が上がったことを喜び感謝するとともに、今後の建築過程での安全を祈願する儀式でもあります。地域によって異なることもありますが、工事に関わってくださる棟梁や大工さんをはじめ、建築関係の方々と施主でお祝いをする会だと思ってよいと思います。上棟式を通して、職人さんの人柄にふれ、家づくりに対するお互いの認識を深めることが出来るので、今後の家づくりの信頼関係をより深める絶好の機会にもなります。

家づくりで大切な上棟式ですが、人生に一度あるかないかの上棟式なので分からないことだらけだという方も多いと思います。進行や必要物品などは、施工業者の方に聞けるとしても、金銭面については聞きにくいですよね。そこで今回は、上棟式のご祝儀について調べてみました。

スポンサーリンク

上棟式のご祝儀の金額の相場は?

金額と相場を表にしてみました。

金額
棟梁 2~3万円
現場監督や最高責任者 1~2万円
その他の大工さんや現場担当者 5千円

上記の表はあくまでも目安です。各家庭の金銭事情があると思いますので、ご家庭内でよく話し合って金額を決めたらよいと思います。大切なのは、十分な挨拶と誠意で工事関係者の方々をもてなすことです。

スポンサーリンク

また、上棟式当日は大勢の大工さんが来てくださいます。施工業者の方に事前に何人来られるか、人数確認することをおススメします。

上棟式のご祝儀の表書きは?いつ渡すの?

ご祝儀の金額が決まったらご祝儀袋の準備をしましょう。 最近では水引・柄・デザインなど、様々なタイプがありますよね。金額が少ない場合は水引と熨斗が印刷されているもので大丈夫ですが、高額になるにしたがってご祝儀袋も豪華にしていくのが一般的です。 目安としては包む金額に対して1/100の値段のご祝儀袋と覚えておくとよいでしょう。水引は、紅白蝶結びをかけます。

ご祝儀袋が準備出来たら、表書きです。慶事の場合、「幸せが太く長く」という意味合いを込めて、濃い墨で太く書きます。万年筆やボールペンは避け、毛筆や筆ペン、サインペンを使用しましょう。

水引の上に「ご祝儀」と記入し、下に施主の名前を記入します。

渡すタイミングとしては、上棟の儀の後になります。上棟の儀が終わると工事に携わっている方々の紹介があります。そこで、一人ずつ手渡しで気持ちを込めて渡すとよいでしょう。

上棟式のご祝儀はどのくらいにすべき?金額の相場まとめ

上棟式は、工事関係者と施主との信頼関係を深めるうえでも大切な儀式といえます。金額も気になるところですが、一番大切なのは施主の気持ちです。どうか金額に惑わされずに、施主の想いが伝わる上棟式になりますように・・・

スポンサーリンク