子育てのイライラを抑える方法!やってしまった…を繰り返さない子育ての技

子育てしていると、本当に何度も何度も注意してるのに、なんで!?って思うことがいくらでもありますよね。子どもが成長した今では普通に生活出来るようになりましたが、当時は本当に毎日疲れ切って、自分がこんなに毎日怒りまくる人間だったことにショックを受けました。それくらい大人相手とは違いますよね。

仕事や家事と両立して子育てをしていくので、時間的、精神的、身体的に余裕がなく、イライラしないようにしても出来ないことってたくさんありますよね。誰だってイライラした子育てよりニコニコした子育てがしたいと思います。

同じようなママの体験探してみました。

スポンサーリンク

イライラして子供をたたいてしまった!みんなの経験集めました。

どんな場面で叩いてしまった??

・子供が言うことを聞かなかった。約束を守らなかった。

家の中でのことが多いですが、自分の物の片付けや歯磨きや入浴などの日常やるべきことを毎日毎日注意しているのに、聞かない、やらない時に叩いてしまった等

・子どもが喧嘩したり、騒いだりした

外出先のスーパーや図書館などで騒いで、注意しても聞かない。公共の場で兄弟やお友達と喧嘩して騒いだ、ぐずって動かなくなる時などに叩いてしまった。

・外出しようとしたら、グスって動かない。泣いて動かない

・子供がお友達を叩いた。噛んだりしたので、しつけのつもりで叩いてしまった。

などなど、素手で叩いてしまった人が殆どでしたが、コップや物で叩いてしまった人も。。。

言うことを聞かない、片付けをしない、宿題をしない、お手伝いをしない、イライラする原因は様々だと思います。注意やお願いをしても聞いてくれなかったり、反抗されたりしたらだんだん怒りが溜まってきて暴言を吐いたり、モノを投げたり、子供を叩いたりすることだってあるかと思います。

子育てに正解が無いように、イライラを我慢することが正しい子育てとは言えないはずです。親だって人間です。怒ることはもちろんありますし、悲しむことだってあります。すべてをさらけ出せるから、子供も安心して親に心を開いて体当たりしてくるのです。

スポンサーリンク

でもイライラして暴言を吐いたり、手をあげてしまったりした後はすごく落ち込みますよね。イライラの原因が上手く解消できたら・・・って思いますよね。そこで解消できるコツを伝授したいと思います。

子育て中はみんな大変!イライラの原因を知ってうまく解消しよう!

イライラの原因、それは自分が持っている“枠”です。自分が持っている“枠”から相手がはみ出した行動をしたり、自分自身がはみ出したりすると嫌な感情を引き起こし、イライラへつながっていくのだそうです。

 ついイライラして怒り爆発で手が出てしまった原因に共通するのは、おそらく子供が思うように行動しない、出来ない。もしくはよその子供と比較して自分の子供が出来ていないことだと思います。 

要するに子供に期待していた通りに行動できなかったからだと思うのです。大人でも仕事を任せた相手が思うように仕上げられないとイライラしますよね?これ位は出来るだろうという期待が裏切られたからです。でも子供にとって、その期待は妥当なのか冷静に考えてみると、無理な期待なのかもしれません。真面目に子供を育てようと思うママだから、期待通りに動けない子供にイライラしてしまうのだと思います。難しいと思いますが、どうせ出来ないものだと少し諦めてしまうとか、ちょっと親バカに見えても知らない顔してみるとか。あんまり真面目過ぎるのも、イライラ度を高めてしまうような気がします。

もし、子供を叩いてしまいそうになったら、6秒だけグーの手を思い切り握りしめて我慢しましょう。諸説あるのですが、実は、怒りのピークは長くて6秒といわれています。

これをやり過ごせば、良いんです。そして、家の中なら一瞬別室へ移動しましょう。その場に好きなアロマオイルなどがあれば落ち着けると思うので、普段から用意しておくといいかもしれません。誰かほかにも大人がいるなら、外へ出てみるのもいいと思います。子供を叩いたり、ひどい暴言を吐いてしまったあと、冷静になると自分が落ち込んでしまうと思います。とにかくカッとなるその現場から離れましょう。

でも、本当にどうしようもなく繰り返してしまう時は、行政の福祉サービスを利用しましょう。家族だけで解決できない子供の問題もあります。まずはママがラクになれるような方法を考えましょう。

スポンサーリンク