子どもにアイスはいつからOK?赤ちゃんのアイスデビューの平均は?

夏の暑い日、お風呂あがりなど私たち大人が冷たいもの欲しいなあ~って思う時はたくさんありますよね。だから、子どももそう思っているんじゃないのか!と思う親御さんやおじいちゃん、おばあちゃんは案外たくさんいるのではないでしょうか。

しかしですね、あかちゃんは大人が思うほど、冷たいものが得意でもなく、好きでもないみたいですよ・・・。

あかちゃんは、冷たいものを美味しいと感じないとも言われています。少しでも暑さを和らいであげたいと思う親心はわかりますが、わざわざ、赤ちゃんのうちから冷たいものをあげる必要性はないようです。

スポンサーリンク

子どもにアイスはいつから?赤ちゃんもOK?

赤ちゃんに冷たいものをあげると下痢を起こしたりと負担がおおきくなりますので、もしアイスをあげるとしたら、1歳以降を目安にされるといいとおもいます。

その理由は、 市販のアイスの中には【はちみつ】が入っている場合があります。ボツリヌス菌を含むはちみつは1歳以下の子どもに与えてはいけない食品の1つだからです。 一般的には9ヶ月以降ならアイスを食べても問題はないそうなので、原材料をよく確認の上、食べさせてあげてください。

アイスをあげるベストなタイミングは、

スポンサーリンク
  • 具合が悪く食欲なないとき
  • 粉薬を飲ませるとき

ぐらいだと思います。欲しがっていないのに与えるのはやめておきましょう!

子どもにアイスをあげるなら!アイスデビューはこれがおすすめ!

市販のアイスは、油分、糖分、乳製品、たまごなど含まれていることが多く、アレルギーを発症してしまう可能性は少なくありません。

やはり、初めてのアイスは手作りが1番いいと思いますよ。今はインターネットは普及している時代ですので、手作りのアイスを作ったことなんてない!という方も調べればたくさんのレシピが載っています。大切な子どものために、みなさんも初チャレンジをしてみてはいかがでしょうか!!!きっと、皆さんの愛が伝えわり、子どもも皆さんも笑顔になれると思いますよ。

でも、いくら手作りだからといっても与え過ぎはよくありませんので、そこもしっかりと考えながらあげてください。

子どもにアイスはいつからOK?赤ちゃんのアイスデビューの平均はまとめ

 赤ちゃんのアイスデビューはできれば1歳から!そしてほしがってないのにあげるのはNG! 

親としては、いろいろな美味しいものを早く子どもに食べさせてあげたいという気持ちはわかります。が、冷たくて甘いものをあげるのは「たまに」「少しだけ」を鉄則です。基本的にはミルクや離乳食で栄養は補えることを理解しておいてくださいね。

スポンサーリンク