どうぶつタワーバトルの攻略法!初心者は罠や重心に注意!

アプリゲームの1位はどうぶつの森ですが、現在2位にランクインしている今一番熱いアプリ!動物タワーバトル通称DTBをご存知ですか?

ランダムで選ばれる動物たちをジェンガのように積み上げていき、バランスを崩したら負けという超シンプルな対戦ゲームです。このゲームを初心者向けにゆるっと攻略法を紹介したいと思います

スポンサーリンク

太陽や雲タップは罠!初心者は平面を作らないようにしよう!

太陽・雲・右下・左下はタップしてはいけない!

相手の情報が得られるのは対戦の瞬間だけですが、「太陽をタップすると夜になるよ」「雲をタップ」「右下をタップすると…」などの名前を付けている輩が大量発生していますが、 タップしても何も起きません。動物たちが落下していき自動的に負けるだけです。無視しましょう。 

相手に平面を与えないようにしよう!

このゲームで勝つには相手の番で動物を落とさせるようにしなければなりません。 つまり平面や高さが平等の安全地帯を作らないことが勝つためのコツ。アグレッシブに攻めるならなるべく凸凹にぐらぐらするように置くのがいいです! 

慢心はしてはいけない堅実に積む!

 勝利が重なると慢心する。それが人間です。 油断してるとうっかり画面端タップ。独り相撲。また、安置があるのにバベルの塔を積み上げてしまう…など!うっかりミスが増えます。 堅実に勝つには相手は常に格上であると心がけましょう。 

とはいえ、相手によっては強健なピラミッド状態にしてバランス感覚を普通に楽しみ健闘をたたえあうこともできます(気持ちだけ)。「ソコハアブナイヨ」「もしや手練れか。」「慢心!!!滅ぶべし!!!」など独り言が絶えません。攻めるも守るも楽しいどうぶつタワーバトル最高!あと言い忘れてましたが完全無料です!

どうぶつタワーバトルで勝つには動物たちのくせを覚えよう!

どうぶつタワーバトルで勝つにはとにもかくにも動物の重心を覚えることです。私が勝手にまとめたもので、一般的な呼び方やまとめではありません。あしからず。

軽量級・軽く安定感もそこそこ後半戦の救世主

ひよこ
50対戦して1度しかお目にかかってない。小さくてどんなスキマにもスポッと入るが、どのくらい転がるのかは調べられなかった。小さくてカメの半分くらいのサイズ。2回目でました。カメよりでかいがヤギより小さい。転がらないかどうかは初手引きだったのでまだ検証の余地あり。

カメ
最少。平たくてスキマを埋める要員になる。後半戦で引くとまた頭と前ヒレを支点に縦にも立つ。

子ヤギ
小さくかわいい、安定感がある。右端においておくと耳のカーブ部分にはまった他の動物を崖下にお見送りできる。この現象をスケープゴートと呼んでいる。

スポンサーリンク

中量級・四足の動物たち、クセがあるもののみ紹介。

トラ・シマウマ・オカピ・ロバ
見たままのバランス。安定感があり特筆することなし。特にトラは終盤戦でもなんとかして置ける。草食動物達は前足の付け根あたりが重心。

カバ・サイ
そのままでもひっくり返してもがっちりした土台になりやすい。頭で一点倒立する。

シカ(トナカイ?)
頭でっかち。角が重く重心が前の方にある。角と頭だけで立つことができる。

ラクダ
とにかくどこもかしこも凸凹しており、安定しない地雷のような存在。後半戦はひっくり返したこぶで結構しがみついてくれる。

パンダ
やや前に重心があり猫背のカーブが意外と鬼門。良く巴投げをして勝利を与えてくれる。

重量級・後半戦で現れると軽く絶望する

キリン
最長。どの角度でもほぼ安定感がない。初手でそのまま置くと滑り台になる。

シロクマ
山型で見たままの重心。回転させるとよく転がる。

ゾウ
面積最大。後半戦すぐ下の動物がキリンだと絶望する。意外とお鼻にいろんなものがひっかけられる。

どうぶつタワーバトルの攻略法まとめ!

どうぶつタワーバトルは勝っても負けてもおもしろい。

実はわたしも始めたばかりですが 重なり合っていく動物たちがシュールで面白く、決着も早い、完全無料、負けても全く腹が立たないという(私見)暇つぶしに最高のアプリゲームだと思います。 さらには初手キリン滑り台、パンダの巴投げ、ラクダは地雷、など、かつて人生で飛び出したことのないセリフが口をついて出てくるミラクルも楽しむことができます。

まだやったことのない人は是非、スキマ時間で楽しいDTBライフをお楽しみください!

中級者向け記事も作りました!ワンランク上のあなたへ!






 

スポンサーリンク