出産祝いのお返し!主人の職場にはどうしたらいいの?

旦那さんの職場から頂いた出産祝いのお返し、連名の場合や個人の場合とパターンは様々ですが、何をお返しするか悩みますよね。わが子の誕生をお祝いしてくださったのですから、お返しは相手が喜んでくださるものがいいですね。

そこで、職場からの出産祝いにはどんなお返しが喜ばれるのか、お返しのマナーやのしやメッセージの書き方を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

出産祝いのお返しの定番はコレ!職場で喜ばれるギフトとは!

職場で頂いた出産祝いのお返しの定番はダントツでお菓子です。

食べ物系なんてありきたり・・・と思われるかもしれませんが、調べてみると有名店のお菓子や、話題のスイーツは大変喜ばれるようです。連名でいただいた出産祝いのお返しならばクッキーやバームクーヘン、ゼリーやマカロン、その他洋菓子の詰め合わせなど、個別に包装してあって分けやすいものがおすすめです。

お菓子以外なら相手の負担にならないよう形に残らない消耗品がベスト。

最近は様々なお値段に対応した出産祝いのお返し専用のお品も多く見られるので、予算に合わせて色々吟味してみるといいでしょう。

普段自分では買わないものもおススメ

少しひねった贈り物としては、少数でも普段自分では買わない高級なコーヒーや紅茶やジャムの詰め合わせ、ちょっと高級なオリーブオイルや缶詰やスープの詰め合わせなども大変喜ばれるのだとか。

タオルやハンカチ、靴下なども出産祝いのお返しの定番として、もらって嬉しい物だそうですが、旦那さんの職場の方となると面識もあまりなく、相手の趣味に合わない場合も考えると全員が喜んでくれるとは限りません。無難、かつ喜んで戴くにはやはり食べ物がおすすめです。もちろん、相手の方々の好みがわかっている場合はその限りではありませんよ。 お返しを送る際に、食品を送る場合に注意したいのは賞味期限。やはりある程度日持ちするものが喜ばれます。 

スポンサーリンク

職場への出産祝いのお返し時期とのしやメッセージの書き方

 次に、出産祝いのお返しのマナーを押さえておきましょう。出産祝いのお返しの正式名称は出産内祝いです。 出産内祝いの時期は一般的にお祝いをいただいてから大体1ヶ月後が目安。 

のしの選び方と書き方は以下の通りです。水引は5本か7本の奇数で赤白の蝶結びのものを選びます。なんでも出産はおめでたい事なので紅白の色をえらび、繰り返し結べるという縁担ぎのため蝶結びなのだとか。

表書きは水引の上に「内祝い」、水引の下に「赤ちゃんの名前」を書きます。呼び方が複数考えられそうな名前には振り仮名をつけると親切です。連名の方々にまとめてお返しするなら、以上のようなのしを付けるだけでも良いですが、短くともメッセージやお礼の言葉を添えるとより感謝の気持ちを表せますよ!

メッセージの書き方のポイントとしては、まず、お祝いをいただいたことの感謝の気持ちを伝えること。次に簡単に子どもの名前の紹介や健康状態を伝え、最後に、結びの挨拶をするとスマートにまとまります。以上を踏まえて簡単に出産祝いのお返しのメッセージを書いてみますと…。

「この度は、心のこもったお祝いを戴き、誠にありがとうございました○○○という願いを込めて○○○と名付けました。おかげさまで、母子ともに健康に過ごしております。感謝をこめて、心ばかりのお品をお贈りさせていただきます。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。 」

と、大体このように書くことができます。お好きな言い回しに書き換えてみてくださいね。

出産祝いのお返し!主人の職場にはどうしたらいいのまとめ

職場の方への出産祝いのお返しで最も大切なのは、日ごろ旦那さんがお世話になっていることも含め、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた感謝の気持ちを伝える事です。感謝を伝える良い贈り物が見つかるといいですね。

スポンサーリンク