花粉症の注射の副作用はどんなものがあるの?費用や種類はどのくらい?

花粉症対策としてさまざまな治療法があります。医療機関などで行われる治療法としてよく知られているものに注射があります。

花粉症の注射の副作用や、費用や種類についてどのようなものがあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

実は怖い!花粉症の注射の副作用とは

花粉症を改善するために打つ注射の副作用として、蕁麻疹やはしかを発症する事があると言われています。種類によってはホルモンのバランスの崩れ・免疫力低下・胃潰瘍・肥満・緑内障・血糖値の上昇・骨粗しょう症・精神疾患などがおこる可能性もあるようです。

中でも、糖尿病の患者に花粉症の注射をした場合血糖値が上がり、病気が悪化する事もあるようです。 花粉症の注射を受ける場合には、持病を持っている人は医師に相談したうえで注射を受けることが大切になってきます。 

花粉症の注射の費用や種類はどのくらい?

花粉症の注射には、3種類あります。ステロイド・アレルゲン・ヒスタミン注射です。

花粉症で悩んでいる人は注射を打つ事で、花粉症が流行る時期の前に注射を打つ事で症状を抑える事ができるものと、定期的に注射を打つ事で花粉症の季節に症状を抑える物があります。

スポンサーリンク

ステロイド注射

ステロイド注射は、即効性があり持続性も1~2か月くらいの効果があります。しかし副作用が強いので医師と相談の上受けることが大切です。

アレルゲン注射

アレルゲンの注射は、皮下注射でアレルギー体質を改善させます。12歳以上であれば受けることができ副作用も少ないのですが、注射を打った部分がかゆくなる事もあります。2年以上受ける必要があり、効果が出るまで3カ月以上かかるることもあるので、夏から秋にかけて受けていくことで花粉症の季節には症状を抑える事ができるでしょう。

ヒスタミン注射

ヒスタミン注射は、様々なアレルギーに効果があり植物由来の物質で作られていることから副作用を起こすことが少なくなっています。人によっては副作用を起こすことがあるので注意しましょう。

花粉症注射の費用はどのくらいかかるのか!

花粉症の注射の費用は、のステロイド注射は1000円、アレルゲンとヒスタミン注射は500円程度となっています。アレルゲンの注射は、2~3年治療を行うので、18000円以上かかるということになります。ヒスタミン注射は医師の指示により、3~12回と回数はさまざまです。診察料に加え注射料がかかってくるので、最大6000円以上かかるということになってきます。

花粉症の注射の副作用はどんなものがあるの?費用や種類はどのくらいまとめ

花粉症の注射には、ステロイド・アレルゲン・ヒスタミン注射の3種類があります。

 ステロイドは即効性がありますが副作用が大きいです。アレルゲンとヒスタミンの注射は、治療に長期間かかる事もありますが副作用はステロイドよりもかなり少なくなっています。 

自分の花粉症の状態や状況、医師の診察や持病があるかないか、費用などを考え度の注射を受けるかなど判断する事が大切になってきます。

スポンサーリンク