子どものコンタクトレンズはいつからOK?安全な年齢と注意点!

近頃は、テレビやゲーム・インターネットなどを見る機会が多くなり、視力が悪いという子が増えています。スポーツをする場合、メガネではなくコンタクトを使いたいという人も多いようです。

子どものコンタクトレンズはいくつくらいから使ってよいのでしょうか。安全な年齢と注意点について紹介していきます。

スポンサーリンク

子どもがコンタクトレンズをつけられるのは何歳から?

小さなお子さんでも視力が悪い場合には、眼鏡をかけるという子が増えてきます。スポーツをやっているというお子さんは、眼鏡をかけて競技をすると危険な場合があるので、コンタクトレンズが必要になってきます。

子どもをコンタクトレンズデビューさせる場合には、高校生が望ましいと言われています。

小学生のお子さんがコンタクトレンズをつけた場合、正しく使う事ができなかったり、トラブルを起きた時対処する事ができない場合があります。さらに、年齢が低いうちにコンタクトレンズを使うと角膜内皮細胞の死滅を促進させる原因になると言われています。

この細胞は、生まれた時から数が決まっているので増やす事ができません。年齢とともに減っていくものなので年齢が低いうちからコンタクトを使っていくと、早く減少してしまい目に負担がかかってしまいます。

コンタクトレンズをつける場合には、眼科医の診断を受けたうえで使っていきましょう。

スポンサーリンク

子どもにコンタクトレンズを使わせるときの注意点とは!

子どもにコンタクトレンズを安全に使わせるための注意点は、まずは目に合った眼鏡を持っている事です。眼鏡は、目にトラブルがあった場合の必需品だからです。

また、コンタクトの付けはずしやケアが一人できちんとできる、装着時間を守る事ができるということも大切になってきます。できれば、1日使い捨ての1DAYを使った方が安心でしょう。使い方や約束などきちんと守り、コンタクトレンズを使わせるようにしましょう。

その他、保護者がコンタクトレンズの付けはずしのケアができること、定期検査にも付き添い視力や角膜などの変化によって種類や度数の変更などの把握を行うことが大切になってきます。

子どものコンタクトレンズはいつからOK?安全な年齢と注意点まとめ

子どものコンタクトレンズデビューが最も多いのは高校生です。安全に使える年齢も高校生からだと言えます。

スポーツをしていると眼鏡は邪魔になったり危険を伴うので早くコンタクトレンズに変えたいというお子さんもいるようですが中学生までは我慢することをオススメします。どうしてもコンタクトレンズを使いたいという場合には、眼科医に相談する事が大切になってきます。

間違った使い方をすると目や角膜を傷つけ目にトラブルを起こす可能性のあるコンタクトレンズ。上手に付き合っていくことが大切になってきます。

スポンサーリンク