土地契約をキャンセルしたい!手付金はどうなる?損をしない方法はあるの?

土地を購入する際に必要なのが契約です。土地との契約でもありますが売主と買主との契約という意味でもあります。

しかし、契約をした後でローンを払えない理由ができた。もっと条件にあったいい土地が見つかった。などの理由で解約したい場合手付金は返還されるのでしょうか。また、損をしない方法はあるのでしょうか。

土地契約のキャンセルについてまとめてみました。

スポンサーリンク

土地契約をキャンセルしたら手付金はどうなるのか?

基本的に土地を契約した後にキャンセルするというのは、ルール違反です。約束を守るのが大原則です。

 どうしてもキャンセルしたい場合は「自己都合の契約解除」ということになり「契約違反」による「違約金」を支払って契約解除となります。 

この「違約金」というのは「買主に支払った手付金」ということになるので、手付金は返金されません。さらに「損害賠償」が発生する場合もあります。ですが、個人の方が申し上げた損害金をうのみにしないのも大切です。提示された金額に対して疑問が出てきた場合はすぐに弁護士の方に解約の意思を伝えるなどの相談をして下さい。

違約金はいつキャンセルしたいかによって請求される額が大幅に変わります。

スポンサーリンク

土地契約をキャンセルする時、損をしない方法はあるのか?

まず、「購入申し込みの段階」です。この場合はまだ申し込みなので、お金は発生しません。

次に「売買契約締結後」~「手付解除期日」までです。この場合は発生します。買主が売主へ手付金を支払います(手付放棄)さらに、売主が個人の場合は売買価格の10%、売主が業者の場合は20%支払う必要があります。

次に「手付解除期日後」~「決済・引っ越し」の場合は売買価格の20%支払う必要があります。

手付解除や違約金によるキャンセルは不動産業者への「仲介手数料」も必要になるのでなにかとお金はかかってしまいます。 一方的にこちらから契約を解除するので損をしない方法はありません。なるべく早いほうがお互いの為になるでしょう。 

土地契約をキャンセルしたい!手付金はどうなるまとめ

当然ながら契約をキャンセルする場合はそれなりのお金が必要となります。

キャンセルする理由がどんなものであっても「買主の自己都合」ととらわれてしまいます。土地を購入する際はすぐに決めずに他の土地を見たり、誰かに相談したりしてよく考えてから契約するようにして下さい。一生に一度の大きな買い物になるでしょうから慎重に選ぶようにして下さい。

「土地契約」というのは「売主との契約」ということになるのでなるべくキャンセルはしないほうがお互い気持ちよい取引ができると思いますので、本当に慎重に選んで下さい。

また、上記でも書いてありますが、 キャンセルする場合売主の損害金の提示などはうのみにせず、すぐに弁護士に相談するようにして下さい。 

スポンサーリンク