土地契約の手付金はいつ払う?相場や上限は?

土地を購入するとき、どのタイミングで手付金を払ったり、金額はいったいいくら必要なのか?
これって、お仕事で不動産関係や金融機関で融資に関わっている方を除いては、くわしくは知らないという方がほとんどではないでしょうか。

じつは土地を購入するには手付金だけでなく、他にも様々な費用が発生します。私も最初は思ったより高額で驚いたものです。。。(-_-;)

きちんと知っていないと正しい予算が組めず、下手をすると資金不足で欲しい物件が購入できなくなる恐れもあります。そうならないためにも土地購入にかかる費用の金額や支払いのタイミングは理解しておきましょう~!

スポンサーリンク

土地契約の手付金はいつ払うのか?

 

 欲しい土地が見つかった場合、まず売主と仮契約を行います。一般的にはこの仮契約時に手付金を支払います。 

仮契約は、購入の意思確認という意味合いが強いのですが、実際には「なにか特別な問題が無い限りは買いますよ」という意味になります。手付金はその証拠に支払うものです。

一般的には不動産業者から購入することが多いと思います。
宅地建物取引業法では、不動産業者は売買契約を締結するまでの間に購入予定者に対して購入物件にかかわる重要事項の説明をしなければならないと定めています。重要事項説明は、宅地建物取引主任者が書面の記載内容を口頭で説明しなければなりません。調べた情報と異なる説明はないか、その他に気になることはないかなど、きちんと確認しましょう。

スポンサーリンク

そして問題がなければ、ここで仮契約となります。

土地契約の手付金の相場や上限は?

実は、手付金については不動産業者が売主の場合には宅建業法による制約があります。

新築物件などで未完成の場合には売買金額の5%(かつ1,000万円以下)、完成済み物件や中古物件では売買金額の10%(かつ1,000万円以下)までが通常に受け取ることのできる手付金の上限額です。手付金の額がこれを超える場合には、法で定められた保全措置を講じなければなりません。ただし、保全措置を講じたとしても、不動産業者が売主の場合に手付金として受け取ることのできる金額は、売買価格の20%が上限となっています。売主が不動産会社でない場合、特に制限はありません。

一般的には「手付金は物件価格の10%前後」という漠然とした相場がある一方で、調べてみると、現実的には100万円を手付金とするケースがほとんどの様です。

私も家を建てる時に土地から購入した際も確か100万円でした。(この時も、別に90万でも150万でも良いですけど~みたいな事を言われた覚えがあります。もしかしたら交渉次第なところもあるかもしれません。)

契約後に買主の都合でキャンセルする場合、手付金は戻ってこないことが多いので注意しましょう!

契約時には、この手付金以外にも、「不動産業者の仲介手数料」「契約印紙代」「司法書士への報酬」などの諸費用も別途必要となる場合がありますので、いつ、いくら支払うのか?をきちんと把握して、しっかりとした資金計画を立てるようにしてくださいね。

スポンサーリンク