タッパーの臭いを落とす!時短で簡単!こびりついた臭い解消法!

保存に便利なタッパー、誰しも1度は使ったことがあるのではないでしょうか?

作りすぎた料理はもちろん、味噌などの調味料や開封したハムやベーコンといった加工品などの保存に重宝するタッパーは、我が家でも大活躍しています。冷蔵でも冷凍でも保存が可能なタッパーですが、一つ気になるのが臭いです。

始めのうちは臭いがついても洗うと気にならなくなるのですが、使用頻度が増えれば増えるほど臭いが残り消えなくなります。まだ使えるのに買い替えるのはもったいないので、タッパーの臭いが消える方法を探してみました。

家庭にあるもので簡単に臭いが取れる方法を発見したので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

簡単!タッパーについた食べ物の臭いを効果的に落とす方法!

効果 使用方法
酢・重曹 臭いの原因物質を中和し消臭 酢もしくは重曹を水に溶かししばらくつけておく
アルコール(消毒用エタノール) 強力な消臭効果がある
ハイタ― くさいにおいもスッキリ消臭 しばらく浸しておく
米のとぎ汁 タッパーや臭い消しに効果的 とぎ汁に30分ほどつけ置きする

その他にも、柑橘類の皮やコーヒーのかす、お茶の出がらしも消臭効果があるので、捨てる前に活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

タッパー独特のプラスチック臭を消すには重曹が効果的!

タッパーの臭いを消す方法はいくつかありますが、使い始めのプラスチックのニオイに一番おススメなのは重曹です。

タッパーの臭い取りにはまず重曹!

臭いはもちろん、汚れも落としてくれます。また、重曹は料理にも使われるので小さいお子様がいるご家庭でも安心して使えますよね。重曹で消臭する時は水に溶かしてつけておく方法以外にも、濡れたタッパーの中に重曹を入れふたを閉めてシェイクしてタッパー全体に重曹をなじませる方法の2通りがあります。どちらの方法も消臭効果があるので、やりやすい方法を選んでください。

頑固なタッパーの臭いには荒塩・祖塩がおすすめ!

タッパーの表面はつるつるしている印象をうけますが、実は細かい凸凹がたくさんあります。そこに臭いが入り込むとこすっても落ちません。色々な方法でも消臭が出来ない頑固な臭いには、粗塩を試してみてください。数杯の粗塩と水をタッパーに入れ数分間シェイクすると、粗塩の細かい粒が凸凹に入った奥底にこびりついている臭いを落としてくれます。

タッパーの臭い取りの仕上げに天日干し!

また、天日干しも効果があります。紫外線には殺菌効果もあるので、タッパーを洗った後に天日干しするのも良いかと思います。

臭いが気になるタッパーがご家庭にあるときは、買い替える前にぜひ上記の方法で消臭をしてみてくださいね。

スポンサーリンク