やけどを早くきれいに治したい方必見!おすすめ市販薬でやけど跡を残さない!

思いがけず、やけどをしてしまった!そんな時、こんなこと感じたことはありませんか?

✤傷痕が残ってしまったらどうしよう
✤傷や火傷を負ってしまった時の処置は? ・・・など。

けれど暖を取るときに注意したいのがやけどです。やけどは皮膚の表皮だけのこともあれば、場合によっては真皮もしくは皮下組織まで損傷を起こす危険性があります。また火傷は適切に処置しなければ跡が残ることもあります。

負ってしまったやけどを早くきれいに治す方法や、傷あと対処法について調べてみました。ちいさなお子さんのいるママもいざという時に慌てないためにも頭に入れておいたほうが良いですよね。

スポンサーリンク

やけどを早くきれいに治す対処方法は?!

やけどをきれいに治すには、まず患部を冷やして熱を取り去ることが重要です!
やけどの早期対処方法として流水で15~30分ほど患部を冷やすのが基本ですが、30分超えても痛みが長引く場合は、痛みが引くまで冷やすことをおススメします。また冷やす方法も患部を直接冷やすよりも、少し上の部分から冷やすとより効果が得られます。衣服の上からやけどした場合は服を脱がずに服の上から冷やしましょう。

そののち、やけどの度合いによって治療の方法を変えましょう!やけどは大きく4つに分かれます。

損傷範囲 肌の状態 痛み 治癒期間・やけど跡
Ⅰ度 表皮のみの損傷 赤くなる(発赤)・腫脹 ひりひりとした灼熱感 治癒期間:数日

やけど跡は残らない

浅達性Ⅱ度 真皮上層までの損傷 赤くなる(発赤)・腫脹・水疱 ジンジンとした痛みを伴う 治癒期間:約3週間

やけど跡はあまり残らない、色素沈着が起こる

深達性Ⅱ度 真皮深層までの損傷 赤くなる(発赤)・水疱・びらん・浅い潰瘍 軽度の痛みを伴う 治癒期間:1ケ月以上

軽度の瘢痕を残す

Ⅲ度 皮下組織までの損傷 肌の表面が壊死。

白く乾燥、ひどい場合焦げている

痛みはない

(痛みを感じる神経も焼けている)

治癒期間:???

やけど跡が盛り上がりケロイド状になっている

※腫脹は皮膚が腫れている状態、水疱は水ぶくれのことを表します。

軽度のやけどの場合!まず早期に患部を冷やす!

やけどを負った場合、患部よりも少し上の部分から流水で15~30分ほど患部を冷やす。※長引く場合は痛みが引くまで冷やす。
やけどをした皮膚は乾燥しているので、そののち、ごくごく軽いやけど(日焼けレベル等)の場合は化粧水や乳液で患部の水分と油分を補うようにする。軽いやけどの場合は治療薬をこまめに塗る!という対処方法を行えば早くキレイに治ります。

水ぶくれを伴うのやけどの場合!

 水ぶくれを伴うⅡ度以上のやけどは皮膚の状況によっては細菌が入り化膿したり感染したりする危険があるので速やかに専門の医療機関を受診しましょう。  その後、処方された薬を用量を守って適切に使うことがきれいに治るための近道です。

スポンサーリンク

傷を治すためには、何よりも「傷を乾かさない」ことが大切です

生きている細胞は乾燥すると破壊されてしまいます。傷が乾燥すると、一見治ったように見えますが、実際に傷を乾かすことは、傷の治りを遅らせることになるようです。最近はこの“湿潤療法“が一般的だそうです。傷あとをそのままにしたり、空気を通すガーゼを上からするのはオススメしません。特にガーゼをとる時は痛みがでますし、せっかくできた良い皮膚も剥がしてしまいます。

その後、病院での診療もスムーズなようですので、 適切なやけどの処置は、様々な生活場面に役立つと思うのでぜひ身につけてもらえればと思います!

やけどをきれいに治すおすすめ市販薬!

先ほども述べましたが、やけどを冷やした後は治療薬を塗り、患部を守るようにしましょう。

☑オロナインH軟膏
まず代表的なものが、皮膚にやさしいステロイドを含まない軟膏として有名です。殺菌効果のあるクロルヘキシジングルコン酸塩を配合しており、傷口が化膿するのを防ぎます。

☑紫雲膏
炎症を和らげ、皮膚の再生を助ける紫根(シコン)が入った漢方の軟膏薬です。

☑コーフル軟膏
殺菌力のあるアクリノールと 被膜を作り傷口を乾燥させる酸化亜鉛と 皮膚の状態を整え、傷ついた皮膚の修復を助けるビタミンAを配合しています。水ぶくれになった場合は、ばい菌による炎症を抑え、化膿を防いでくれるステロイドを含んでいるものが適しています。

☑ドルマイシン軟膏
抗生物質を含む軟膏2種類(硫酸コリマイシン、バシトラシン)の抗生物質を配合しています。多くの菌に対して抗菌作用を示します。化膿を防ぎ、二次感染予防にも効果があります。

やけどが残ってしまった傷あとの対処薬

☑アットノンEXクリーム
ターンオーバーを促進して正常な皮膚の再生を促すヘパリン類似物質です。

☑ヒルドイド
皮膚を保湿し、滑らかに保つ効果があります。私も帝王切開で大きな傷跡が残ってしまったのですが、医師に塗り続けるとケロイドの程度が軽くて済むと言われました。

☑シリコンシート
他にも傷を保護して、さらに皮膚の動きを抑えるために用います。
やけど跡が残らないようにするためには、日焼け止めクリーム等で日焼けを防ぎましょう。日焼けをすれば、色素沈着が起こり、やけど跡が残りやすくなります。

やけどを早くきれいに治すその他の方法!

やけどを早く治すその他のアイテム

患部に貼ってもくっつかないシリコンシートや保護シートがあればそちらを使用しても良いでしょう。ただし、シリコンシートや保護シートが効果を発揮するのは、やけどⅠ度の時です。 Ⅱ度以上の時は必ず医療機関を受診し適切な処置をうけましょう。 

やけどを早く治すための食事

また、食べ物で必要な栄養素を補うことでやけどを早く治すことが期待できます。
やけどを負った場合、体が患部へタンパク質と水分を送り込みます。これを浸出液というのですが、この浸出液を分泌するために、たんぱく質と水分を補うような食事を心がけることができます。

具体的な食べ物としては、卵や大豆、赤身のお肉などに良質なタンパク質が含まれています。これに加え、緑黄色野菜、アーモンド、レバーや小松菜、魚介類に含まれている、傷の治りをはやめる効果が期待できるミネラル、ビタミンなどをバランスよく食べてやけどをきれいに治しましょう!

やけどを早くきれいに治したい方必見!おすすめ市販薬でやけど跡を残さないまとめ

やけどは、日常生活で誰の身にも起こり得ます。 やけどをした場合は、まず、慌てずにしっかりと患部を冷やしましょう。すぐに治療薬の準備が出来ない時はしっかり冷やした後で患部をラップにまくだけでも早くまた痛みをあまり感じることなくやけどを治すことが出来ます。 適切に処置して、早くやけどが治るようにお祈りしています!

スポンサーリンク