子どもとスキーはいつからOK?安全な年齢と注意点!

日本でのウインタースポーツと言えば、代表的なのは“スキー”か“スノボ”ですよね。

3~4歳ころのお子さんを持つパパやママは『今年の冬はスキーデビューさせてみようかな?』と考える方も多いのではないでしょうか。うちの子供は、主人が学生時代アイスホッケー部だったこともあり、ウインタースポーツデビューは姉妹そろってスケートでしたが、一般的には、スキーやスノボは全身の運動感覚を養うこともできるので、子供にはぜひやらせてあげたいウインタースポーツのひとつだと思います。

スキーもスノボも上手なお友達ママ曰く、子供が初めてやるなら、転ぶ回数の少ないスキーが絶対オススメだとのこと。
子供にスキーを体験させるとしたらいつ頃からだと安全なのか、そしてどんなことに注意すればよいか、そのポイントを調べてみました。

スポンサーリンク

子どもがスキーに行けるのはいつから?何歳から?

調べてみると早くて3歳、雪国に住んでいて親が元スキー選手だったというお友達は、自分は5歳くらいから始めたと言ってましたから、それぞれの家庭や子どもによるところですが、一般的にスキーブーツのサイズは一番小さいものが15cmからなので、このブーツが履けないと無理をしないほうがいいでしょう。(ちなみにスノボの最小サイズはスキーより少し大きめの17.5cmのようです。)

また子どものスキースクールの対象年齢を確認しましたが、3~4歳対象が最年少クラスとなっていることが多いようですので、やっぱり早くて3歳くらいからがいいようですね。

スポンサーリンク

子どもとスキーに行く時は服の形やサイズも重要です!

まずはウエアや道具を選んであげましょう。子供のウエアはワンピースタイプがオススメです。

そして子供のスキーウエアや道具を選ぶときはサイズにも注意しましょう。雪の上は大人でも不安定で歩きづらいものです。その上、スキー板をはいているとなると、子供には大変です。身体に合ったウエアや道具を選んであげることが重要です。

ブーツは足の実寸+0.5〜1センチを目安にしましょう。靴下はブーツから出るぐらいの長いものが良いようです。スキー板は子供にとって長すぎると扱いづらいので、未就学児(5歳まで)の場合70センチ前後、小学校低学年(6歳~7歳)は80センチ前後のものがおすすめです。

年に1,2回しか行かないのに全部購入するのは勿体ないと思う場合はキッズ用のレンタルが充実しているスキー場へいくのもいいかもしれませし、購入してもメルカリなんかで出品したら意外と高値で売れたりしてレンタルより安上がりかもしれません(^^♪

子どもとスキーに行く時の注意点

そして、子供とスキーに行く時、一番注意してほしいのが事故です。
スキー場では、子供から目を離さないようにしましょう。パパやママが安全管理を怠ると取り返しのつかない事故に繋がることもあり得ます。せっかく家族で雪山に遊びに行ったのに子供が怪我して帰る羽目になったら元も子もありませんから。。

みんなで『楽しかったね~!』と帰れるように、くれぐれも安全管理には注意して楽しんでくださいね。

スポンサーリンク