焼肉の太らない食べ方!食べ方・食べ合わせで賢く美味しく召し上がれ

皆さん、“焼肉”イコール“太る!”ってイメージありませんか??
ダイエット中なのに焼肉に誘われて困った!ダイエットを理由では断りづらいし。。。こんな経験はありませんか?

でも、最近の常識は違いますよね~?ご存知でしたか??実はダイエット中でも焼肉は食べても大丈夫なのです。むしろ食べ方に気をつければ、焼肉は太らないおススメ食なんです!そこでダイエット中でも安心な焼肉の太らない食べ方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

焼肉は太る食べ物なのか?カロリーはどのくらい?

以前までは、お肉はダイエットの大敵と考えられていましたが、最近の見解ではダイエット中にも積極的に食べたいメニューのひとつになりました。赤身のお肉にはたんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているからです

今までダイエットに向かないと思われていた原因は焼肉と一緒にご飯やお酒をついつい多量に飲んでしまうことなんだとか~!確かにそうかも!皆さんの周りにも、ほぼ毎日焼肉を食べているのに普通の体形をしている方がいませんか?

 カロリーを調べてみると(日本食品標準成分表抜粋)、焼肉で食べるカルビ、バラなどの牛肉は100gあたり517kcalに対して、豚肉バラ434kcal、鶏肉200kcal、羊肉233kcalとカロリーは確かに高めです。でも牛の赤身肉は190kcalとローカロリーなお肉なのです。 部位によってこんなにもカロリーが違うのですね。

ダイエット中こそ、しっかり摂取したい栄養素であるたんぱく質。たんぱく質は基礎代謝を高めてくれる重要な栄養素ですから、ダイエット中だからと無茶な食事制限している人はたんぱく質が不足がち。なかでも牛の赤身の焼肉ならたんぱく質をしっかり摂取できます。

焼肉の太らない食べ方!食べる順番と、食べ合わせで工夫して

スポンサーリンク

~太らない焼肉の食べ方のルール~

●食べる順番に注意する

まずは野菜やスープから食べる。
これは低糖質な野菜から食べることで、血糖値の上昇を緩やかにするためです。サラダ、ナムル、キムチもたくさん食べます。普通なら締めに食べるスープも初めに飲んで、あらかじめお腹を適度に満たしておくと、お肉があまり入らなくなるので、初めは野菜やスープを飲むのがダイエッターにはオススメです。スープはわかめが入っているものを選ぶこと!わかめには、糖質や脂質の吸収を抑える効果がありますので、メニューにわかめスープがあれば積極的に注文して欲しいところです。

●お肉は赤身にする

赤身肉には、鉄分や脂肪燃焼を促すLカルニチンも豊富です。脂肪分の少ない部分がおすすめです!

●飲み物は烏龍茶

油が多い中華料理を食べるときに、中国人はウーロン茶を飲んでますね。最近の焼肉屋だと、ウーロン茶をメニューに置いているところも多いので、油の吸収を抑える効果が期待できる黒ウーロン茶をセレクトできれば尚いいです。どうしてもアルコールが欲しいという場合は低糖質な焼酎にしましょう。

●ご飯とデザートは厳禁

アルコールと同様、ご飯に含まれる糖質とお肉の脂質を一緒に摂取すると体脂肪として蓄えやすくなります。お肉と一緒に食べ過ぎてしまうのも避けたい理由の一つです。また、お肉を食べた後には、アイスなどの甘いデザートも欲しくなりますよね。でも、脂肪を蓄えたくないなら、できるなら避けて欲しい食べ物です。

 

いかがでしたか?ダイエット中でも食べ方次第でむしろ進んで食べてもいいといわれる焼肉。これなら太らないなら安心っと思って、食べ過ぎにはご注意くださいね。

スポンサーリンク