プール熱はいつまでうつるの?のどの痛みや高熱を早く治すには?

『プール熱』って?小さな子供のいるママなら聞いたことがあると思いますが、プール熱の正式名称は 『咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)』といいます。昔はプールで感染することが多かったため、日本ではプール熱とも呼ばれていますが、多くは感染した患者さんからの 飛沫による感染のようです。

スポンサーリンク

『咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)』は毎年夏季を中心に流行する急性のウイルス感染症で、主に下記のような症状があります。

プール熱の症状
●目が赤く腫れる(涙や目やに、かゆみ、痛みなども)
●喉の激しい痛みや赤い腫れ
●38度以上の発熱
●小さな発疹が出来る
●下痢や嘔吐

うちの子供も保育園で流行ったときに、突然片目が真っ赤になり喉を痛がったので、うつったなぁ~と病院に連れて行ったことがあります。見てわかるくらいに喉が真っ赤になるのですぐ判断できると思うのですが、乳児の場合では、下痢や嘔吐の症状のみで、結膜炎の症状は起こらないことがあるみたいです。

プール熱にかかった時の対処法や注意点について詳しくみていきましょう。

プール熱はいつまで感染するのか?アデノウイルスの潜伏期間とは?

 原因であるアデノウイルスは5~7日程度の潜伏期間があるため、知らず知らずのうちに幼稚園や保育園、学校で感染が拡大しやすいという特徴があるようです。 うちの子供の場合もそうでした。流行っていることを園の先生に聞いた翌日には発症してしまった感じです。

スポンサーリンク

症状はだいたい3~5日で治まりますが、感染力が強く、そこから2週間は他人にうつしてしまう恐れがあるのでしばらくはマスクを着用し、咳やくしゃみをした際に周りに拡げないようにしましょう。また有効な消毒剤としては、消毒用のエタノールや次亜塩素酸ナトリウムが挙げられています。

プール熱はいつまで高温・のどの痛み・目ヤニがあるの?早く治す方法は?

残念ながらアデノウイルスに対する特効薬はないため、抗生物質も効きません。発熱やのどの痛みなどの症状を和らげる対症療法を行いながら、しばらく安静にするのがプール熱治療の基本です。

プール熱の治療方法

●消化のいい食事で栄養を摂る
●冷たい物を避けて温かい飲み物で水分をしっかりとる
●睡眠は1日7時間取るしっかり休養する
●体温調節に気を付ける(夏場はエアコンを上手に使いましょう)

 喉が痛くて普通の食事ができない場合はアイス、プリンやゼリー、おかゆなどの飲み込みやすいものを与えて栄養補給を行います。 また、発熱による発汗や喉の痛みが脱水症状を引き起こす恐れがあるので、しっかりと水分補給します。経口補水液などがオススメです。水分補給をしっかり行って免疫力を上げましょう。

ほとんどの場合は1週間もすれば回復すると思いますが、乳児などがかかった場合、まれに肺炎など重症化することがあり危険です!特に赤ちゃんやお年寄りがいるご家庭の場合では、家族の様子もしっかり観察して細心の注意を払いましょう。

普段から子供もママも夏風邪のウイルスに負けない免疫力をつけたいですね!

スポンサーリンク