コーヒーの飲み過ぎは頭痛を引き起こす?コーヒーと健康の関係

コーヒーを毎朝飲む習慣がついていたり、疲れたときに飲むことによって癒やされてリラックスしたり、ほっとさせてくれたりするのでコーヒー無しの生活を考えられない方も少なくはないと思います。

ただ、ついつい飲み過ぎて、頭痛を起こした経験がある方はいませんか?
逆に、頭痛がコーヒーを飲むことによって治ると経験したことがある方はいませんか?

両者の声を私は耳にしたことがあります。そこでコーヒーについて調べてみました。

スポンサーリンク

コーヒーの飲み過ぎにより起こる症状の一覧

①胃酸の過剰分泌

コーヒーを飲み過ぎてしまった時に、気持ち悪くなって吐き気や胃がむかむかしたり、胃痛を引き起こしてしまった経験がある方はいませんか?

それは、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が原因と考えられています。クロロゲン酸は胃酸の分泌を促してしまいます。そのため必要以上に胃酸が胃の中にあるため、胃酸が胃の粘膜を刺激してしまうため吐き気や胃痛を起こしてしまいます。

②肌荒れ

腸内環境は肌に影響してしまいます。直接的には肌荒れの原因にはなりませんが、コーヒーは体を冷やしてしまうので、血液循環を悪くしてしまいます。そのため新陳代謝が低下し腸内環境が悪くなってしまうので、肌荒れを起こしてしまいます。また、コーヒーには利尿作用があります。不要になった老廃物を排出できる点は体にいいことです。しかし、必要なビタミンやミネラルなども排出してしまうので肌を健やかに保つための栄養素まで排出してしまいます。

③貧血になってしまう

コーヒーに含まれる「タンニン」といわれる成分を聞いたことがありますか?タンニンとは…ポリフェノールの一種で、抗酸化作用などのメリットもありますが、鉄分の吸収を妨げてしまう性質を持っています。

④なかなか寝付けない

勉強中や仕事中にコーヒーを飲むと頭がすっきりして眠気が覚めたような経験をしたことはありませんか?

スポンサーリンク

コーヒーを飲むとカフェインの効果で交感神経を刺激して脳が興奮状態になります。脳はフル回転の状態なので寝付きが悪くなってしまい、深いに眠りにも付きにくくなってしまいます。

また、冒頭で言った頭痛の話ですが、両者とも間違いではないことがわかりました。

ではなぜ同じものなのに両者の意見が食い違ってしまうのか…?

それは頭痛の種類によって、コーヒーの成分がどう作用するかで違います。例えば、血管が膨張することによる偏頭痛の場合コーヒーを飲むことによりカフェインが摂取でき、血管が収縮し痛みが和らぐことがあるそうです。逆に、緊張による偏頭痛の場合、血流が悪くなってしまい症状が悪化することもあります。

コーヒーの一日の適量とコーヒーの効果

ここまではコーヒーの飲み過ぎによるデメリットばかりを紹介してきました。しかし、コーヒーは適量を守れば体にいいこともたくさんあります!例えば、コーヒーに含まれる成分が病気を防いでくれる効果があると聞いたことがあります。実際に調べてみると、直接的な関係には断言できませんが心臓病を起こす確率が、全くコーヒーを飲まない人に比べて低かったという研究があるほどです。その理由としてはコーヒーに含まれるクロロゲン酸による血圧上昇効果や、カフェインの血管収縮作用が有効に働いたのでは?と考えられているそうです。

また、 コーヒーには香りでリラックスさせてくれる効果や、カフェインによって仕事や勉強の効率をあげてくれるのに役立つことが証明されています。 

そのようなことから適量をしって、効率的に体に取り入れれば健康効果も期待できるそうです!

コーヒーは1日の目安として3~5杯程度ならコーヒーは健康を害すことはないと言われています。

コーヒーの飲み過ぎは頭痛を引き起こす?まとめ

体にいいと言われていることでもやり過ぎは体によくないのと言われるように、何事も適量、適度が必要だと思います。適量を守って生活にコーヒーを取り入れることで仕事や勉強の効率UPを目指して頑張ってください!

 

スポンサーリンク