これが正解!手作りブラウニーの保存方法!冷凍・常温・日持ちまとめ!

ブラウニーとは平たく正方形に焼いた、チョコレートケーキの総称です。
携帯食として普及しており、手づかみで食べれるお手軽感が好まれているお菓子です。
最近はバレンタインのチョコの代わりとして、手作りで作って渡したりもされていますよね♪

今回はぜひ手作りしたいお菓子!ブラウニーの保存についてのあれこれをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

ブラウニーの正しい保存方法と気を付けるべきこと!

ブラウニーの特徴として、しっとり感が必要ですよね?
保存方法によってはパサパサになってしまうこともありますので、正しい保存方法を記述したいと思います。

ブラウニーの一番おいしい食べごろは、一晩寝かせた2日目です。
保存方法は食べごろから逆算して正しいものを選びましょう!その際は必ず水分保持のため、ラッピングをすることを忘れないでもらいたいです。

食べる日 保存方法
当日~1日後  粗熱をさまし、ラップをして常温で保存
2日~3日後 常温状態で1日保存し、乾燥しないようにラップでくるみ冷蔵庫で保存
4日以降 ラップや密封容器に入れて冷凍保存

毎日ブランデーなどの洋酒をハケで塗って適度に湿らせてあげると冷蔵庫保存でも1週間は持つようです!プレゼントする際は、保存方法もお伝えするといいですね!

ブラウニーの保存!手作りブラウニーの日持ちはどのくらい?

 ブラウニーの賞味期限は常温で保存なら2日程度。冷蔵庫へ入れたとしても3~4日ほど! 

長期保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。

ブラウニーを冷凍保存する際は必ずラップをもしくは、密封できる容器や袋に入れてて冷凍します。そうすると通常1か月くらいは持つといわれています。バターが多いので、通常の冷凍よりは日持ちしないですが、それでも数日に比べれば持つ方だと思います。食べる時は、冷凍した固い状態を常温で戻してから食べるといいです。暑い時は、持ち歩きや持ち運んでいる最中に程よく解凍できると思いますので、出先で食べるなら冷凍してから持ち運ぶといいと思います。

解凍後は2日間ほどしか持ちませんので、食べる分ずつ解凍してあげてください。

せっかく作ったブラウニー保存方法と賞味期限を守って、美味しくいただきましょうね♪

超簡単★美味しいチョコブラウニーの作り方とアレンジ方法のご紹介!

折角なのでわたしが超簡単だと思ったおすすめブラウニーレシピをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

簡単美味しいブラウニーのレシピ

材料 ・18㎝スクエア型・板チョコ 110g(約2枚)・バター(有塩)80g・砂糖80g・卵2コ・ココアパウダー(無糖)20g・薄力粉60g・ベーキングパウダー 小さじ1

①チョコレートを刻む。

②バターをボウルに入れレンジで30秒ほど加熱。
 柔らかくしてから泡立て器で混ぜる。

③2に砂糖を入れてよく混ぜる。  
 さらに卵、薄力粉・ベーキングパウダーココアを入れてよく混ぜる。

④チョコレートを入れてゴムベラで混ぜる。

⑤型に入れ180度に予熱したオーブンで25分焼く。

混ぜて焼くだけなので、超簡単です。
これを焼く工程を炊飯器にお任せしちゃうとさらにお手軽で美味しく作れちゃいますよ!
バレンタインに、自分のご褒美に!ぜひ作ってみてくださいね★

それではここでブラウニーをさらに発展させるレシピを教えちゃいます。

チョコブラウニー入りのパン

材料:8個分
・強力粉200g・薄力粉30g・ドライイースト3g・バター(無塩)20g・ココア30g・砂糖20g・塩3g・牛乳180ml・クルミ80g・チョコチップ60g・溶き卵 適量

①くるみ、刻みチョコ以外の材料をホームベーカリーのパンケースに入れ、本体にセット。
 ※ドライイーストが塩など小麦粉以外の材料に当たらないように注意して発酵をスタートさせます。

②発酵が終わったら取り出し、生地を長方形に綿棒で伸ばしチョコチップとクルミを散らします。

③生地を何回か折りたたんだら棒状にして整えます。

④適当な大きさにカットして天板に並べ、パンの上にクルミを飾ります。

⑤生地の表面に溶き卵を塗り180℃のオーブンで10〜15分焼くと完成です。

このアレンジでパンに早変わりです。甘いブラウニーを生かしたアレンジですね。
お好みでナッツ類やドライフルーツを入れてもおいしくいただけます。これならば、少したくさん作って通常のパンと同じように保存したら、常温でも数日は大丈夫ですし、冷蔵で1週間ほどは日持ちするかと思います。季節によっては、もう少し短いこともありますので、注意が必要です。

これが正解!手作りブラウニーの保存方法まとめ

いかがでしたでしょうか?おいしい間に食べきってほしいブラウニーとそのアレンジレシピですが、上記の方法などを使っていただくと、少し長く保存できます。ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク