30秒で目の腫れを治す方法!即効で効く朝の美容ハック!

朝起きて目が腫れていることってよくありますよね。
例えば寝不足・寝すぎ・前夜のアルコール・映画を見て泣きすぎた…などなど。目が腫れていると別人みたいになっていて見苦しい・・・「こんな顔じゃ仕事に行けない!!」と思いますよね。

「朝は忙しくてゆっくりマッサージする時間もない!」そんな方に目の腫れを治す即効で効く方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずは試して目の腫れを治す即効で効く方法!

①30秒コース:カレースプーンを使う

カレースプーンを氷水に浸けてキンキンに冷やします。冷えたスプーンの裏側の丸みを帯びた部分を目のまぶたにあてて、目頭から目尻にかけてころころとマッサージをします。30秒ほどで大丈夫です。すると血行が良くなり目の腫れを改善してくれます。

カレーを食べることにしか使わないスプーンですが、目の腫れを治すには持ってこいの道具なんです。目がはれそうな時は前日からスプーンを冷蔵庫で冷やしておくのがおすすめです!眼球をぐいぐい圧迫しないように注意してくださいね!

②3分~コース:保冷剤とおしぼりを使う

保冷剤とおしぼりを交互に目にあてます。保冷剤は冷たいのでタオルで包み、おしぼりは温かいものを使用します。そしてポイントは保冷剤とおしぼりを切り替えるときにまぶたをかるくつまみ揉んであげましょう。繰り返しているうちにどんどん目の腫れがひいていきますよ。

スポンサーリンク

③5分コース:コットンを使う

100円ショップでも簡単に手に入るコットン、実は目の腫れを治すことにも使えるんです。
まずはコットンに冷たい水か化粧水をつけます。仰向けに寝て目を閉じて水か化粧水で濡らしたコットンをおくだけ。時間は5分程で大丈夫です。次第に目の腫れが解消します。

④5分~コース:ティーバックを使う

コットンよりも効果的なのがティーバックを水に濡らして目の上に置く方法です。なかでもカモミールティーには鎮静作用があり、目の赤みや腫れを抑えるのにとても効果的なのです。お家にカモミールティーのティーバックがある方はぜひ試してみてください。

目の腫れを治す!なぜ目は腫れるのか?

顔の中でもまぶたは一番皮膚が薄く、目のむくみや疲れなど症状が出やすい部位なんです。
なかでも原因は主に皮下に溜まった水分や老廃物です
夜は水平になって寝ているので、むくみは特に目元や瞼、舌、顔、手に現われやすくなります。

また女性は生理前になるとホルモンの影響でむくみやすい体になり、そのむくみが目元に現われ目の腫れに繋がります。特に生理前は前夜のアルコール摂取や寝不足、泣きずぎを避けることが良いでしょう。また目元に水分や老廃物が流れ込んでこないように枕を高めの物に変えることもよい方法です。

どれも短い時間で効果が表れるので、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク