子どもに薬を飲ませる方法!苦い薬はこれで攻略!ママも安心!

子どもに薬を飲ませるのって本当に大変ですよね。
「苦い!!」と言って飲んでくれなかったり逃げ回ったり…私も逃げる子どもを薬を持って追いかけたことが何度もあります。「やっと飲んでくれた…」と思ってもべーっとすぐに吐き出してきてしまい薬を無駄にしてしまうことも多々あります。

リンゴジュースやジャム、アイスクリームに混ぜて飲まそうといろいろ工夫してきましたが、我が家の場合無理でした。子どもってものすごく勘がいいですもんね。そこで私の体験談も踏まえて嫌がる子どもへの薬の飲ませ方を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

子どもに薬を飲ませる!シロップの場合はこれで大丈夫!

①シロップの薬は凍らせてシャーベット状に

製氷皿でシロップ1回分を凍らせます。完全に凍った状態では冷たくで食べづらいので少し溶かしてシャーベット状にしてあげてください。冷たさで味覚が鈍くなり薬の苦みを感じずに飲むことが出来ます。

②コンデンスミルクを使う

コンデンスミルクとは練乳のことです。
一時期流行っていましたので、いちごにつけたりしてママのみなさんも食べたことがあるのではないでしょうか。あの口に残る甘さがなんとも言えないぐらい美味しいですよね。

あのコンデンスミルクを缶の物なら缶のまま圧力鍋で20分程煮込む、チューブの物は鍋で70分~90分煮込むだけで美味しいキャラメルに変身します。これだと火にかけておくだけなので忙しいママさんも簡単に作ることができます。そして完成したキャラメルに薬を混ぜてあげると甘味で苦みが消え飲みやすくなります。少し糖分が気になるところだと思いますが本当に甘いので少量のキャラメルに薬を混ぜてあげても大丈夫です。

スポンサーリンク

③「お薬飲むと風邪が治るんだよ」と話しかけながら飲む

私はいつも言いながら飲ませているのですが、「お風邪早く治そうね~」等と声をかけながら①や②の方法で薬を飲ませると意外とすんなり飲んでくれます。小さな子どもでも大人の言っている意味がきちんと理解できているんだな…と関心しています。

子どもに粉薬を飲ませる!薬剤師さんのおすすめはチョコアイス!

子どもに粉薬を飲ませるのってシロップより大変ですよね。
シロップだと混ぜたりすればすんなり飲んでくれる子も多いですが、粉薬は舌触りが悪いので何かに混ぜたりすてもばれやすいんです。特に2歳ごろから味覚が十分に発達してくるので、さらにばれやすくなります。

大人の方も粉薬を飲むのが苦手という方多いと思います。実際私が大の粉薬嫌いで未だに飲むことをためらいます。そんな中私はチョコアイスに混ぜてよくかき混ぜてから飲んでみると違和感なく飲むことができたので、これを子どもにも実践してみました。

子どもの場合はよくよくかき混ぜて粉薬の白いつぶつぶがわからなくなるまでかき混ぜて飲ませてあげます。そうすると「ママ!もっとちょうだい!」と自分からどんどん食べてくれました。なんとチョコアイスに混ぜるということは薬剤師さんもおすすめしている方法だそうで、粉薬の舌触りや苦みを消すのにはチョコアイスが最適なんだとか…。

粉薬が嫌いなお子様には是非試してみていただきたい方法です♪

子どもに薬を飲ませる方法!苦い薬はこれで攻略まとめ

お薬を飲ませることに苦労しているママさん方。ぜひこの方法を実践してみてください。お子さんが楽に薬を飲めるように、ママさんが楽に薬を飲ますことができるように祈っています。

スポンサーリンク