冷蔵庫の霜予防!簡単にできる裏ワザと霜の防止対策方法まとめました

一人暮らしであろうと大家族であろうと冷蔵庫は必需品です。食料品を傷まないように保存し、暑い時期には冷たい飲み物や氷を保存しておきたいものです。いつも活躍してくれる冷蔵庫ですが、一旦霜が厚くついてしまうと取るのは大変です。

できるだけ手早く霜を取る裏ワザと霜防止対策を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

冷蔵庫の霜を取る!簡単で確実な方法!

一般的な霜の取り方はまず冷蔵庫の電源を切るか霜取りモードにして、中身を全部出し、霜が自然に溶けるのを待って、プラスチック製のヘラで霜を剥がすことです。溶けた水はタオルでよくふき取ります。時間短縮のためには冷凍庫にお湯の入ったヤカンを入れておくと霜が早く溶けて作業は楽になります。先のとがった金属製のアイスピックなどを使うと冷却ガスが漏れる心配があるので危険です。

さらに急ぐときには冷凍庫の霜が早く解けるようにドライヤーで熱風をまんべんなく当てたり、扇風機で風を吹き込むなどすると、霜が良く溶けて短時間で霜取りができます。また霜取りシートを冷凍庫の中に貼っておく方法もあります。これだと霜取りの道具も不要で冷蔵庫の内部を傷つけることなく、霜を簡単に取ることができます。

冷蔵庫に霜がはびこる原因と霜を放っておくとどうなるのか?

冷蔵庫の霜は、扉の開け閉めの時に冷蔵庫内に入り込んだ湿った空気や食品についている水分などが冷えてできます。

スポンサーリンク

 放っておくと霜は厚くなって、冷蔵庫内が冷えなくなり、ひどいときには扉がしっかり閉まらなくなることすらあります。こうなると冷蔵庫はいつもフル回転して電気代が高くなり故障の原因にもなります。 

冷蔵庫の霜防止 霜がつかない対策方法はコレ!

厄介な霜取りは回数を減らしたいものです。そこでできるだけ霜がつかないようにするために、 霜取りをした後にスプレー式のサラダ油を冷凍庫に吹きかけておくことが効果的です。こうしておくと霜が付きにくく、次の霜取りの時にもスムーズに霜を剥がすことができます。また霜取りシートを張っておくと霜防止と霜取りに役立ちます。 

また冷蔵庫のドアを開けっぱなしにせず、食品の水滴をよく拭いてから冷蔵庫に入れるようにすると霜を減らすことができます。またあまりたくさん食品を詰め込み過ぎないようにすることも大切です。そして霜が厚くなって扉が閉まらないほどにならないうちに霜取りをすることが賢明でしょう。

冷蔵庫の霜予防!簡単にできる裏ワザと霜の防止対策方法まとめ

いつも使う冷蔵庫を効率よく快適に使うには、水分を冷蔵庫内に入り込ませない工夫をし、霜が厚くならないうちに、霜取りをすることが肝心です。ドライヤーなどを使って手短に霜取りをして、霜防止のためにはサラダ油をスプレーしておくと良いしょう。さらに霜取りシートを張っておくならば、霜が付きにくく効率よく霜取りができます。

霜がつくのは直冷式の冷蔵庫です。もし愛用の冷蔵庫が古くなって買い替えを検討するならば、霜取りの必要がないファン式の冷蔵庫がお勧めです。

スポンサーリンク