朝目が覚めると体かたい! 体がカチカチ・バキバキの原因と対処方法!

寒い日は布団が恋しくてすぐに起きることが出来ないですよね。寒さも辛いのですが、たまに体が思うように動かなくて起きられないことはありませんか。

寒いだけならヒーターやストーブで室内を暖めることで布団から出られそうですが、体が固くこわばっていて布団から出られないのは辛いですよね。特に朝から炊事、洗濯、掃除といった家事をされる方にとってスムーズに朝が起きられないのは大変ですよね。

そこで今回、体のガチガチ・バキバキの原因と対処方法について調べてみました。寒さで体が動かなくて朝起きるのが辛いという方は、ぜひ下記を参照にしてみてください。

スポンサーリンク

朝の体がかたい原因は血流が悪いから?

もともと人間の身体には、体温を一定に保とうとする調節機能があるため、この時期のような寒い環境では、体内の熱を逃がさないよう血管が収縮します。これでうまく体温調節しているのですが、結果、血流が悪くなって滞り、栄養や酸素が行き渡りにくいばかりか、体がこわばる原因のひとつとなっているのです。つまり、寝た直後や朝起きてすぐの体のこわばりは仕方のないことなのです。

貴方は大丈夫?朝の体が硬い原因!寝コリのチェック

体がかたい原因は、寒さで筋肉がギュッと縮んで血行不良になることと思われがちですが、実はそれだけではありません。「寝コリ」も体の硬直の原因と言われています。「寝コリ」という言葉を聞いたことはありますか?

 「寝コリ」は、布団に横になった状態である程度重力から解放されているにもかかわらず力を抜くことが出来ず、質の良い睡眠がとれず筋肉のコリが生じていることを言います。 といってもご自身が「寝コリ」になっているかは分かりませんよね。そこで下記にいくつか項目を挙げています。当てはまる数が多い程「寝コリ」を引き起こす可能性が高いといえるので試してみてください。

  • 睡眠時間はしっかり取れているのに起床後も眠い
  • 仕事や家事をしていても午前中に睡魔に襲われることが多い
  • 洗顔やうがい、着替えといった簡単な動作で体が痛かったりかたく感じたりすることがある
  • 怖い夢や嫌な感覚の残る夢を見る
  • 布団や枕がしっくりこない
  • 朝日が眩しすぎて不快に感じる
  • 睡眠時の歯ぎしりを指摘されたり、歯を食いばしる自覚があったりする

 

朝の体をほぐす!効果的な対処方法5つ!

体のこわばりを引き起こす原因の一つは睡眠不足です。しかし、睡眠時間を増やすだけでは睡眠不足は解消されません。ここでは質の良い睡眠のとり方について説明したいと思います。

スポンサーリンク

帰宅後の室内の照明は夕焼けに近い色でリラックスできる色を選びましょう。

目からの光刺激を抑えるとリラックスを促す神経系が優位になり、リラックスして入眠することができます。

パソコンやスマホを使う時は明るさに注意しましょう。

室内を暗くしすぎず、画面の明るさを抑えると目の筋肉の負担を軽減することが出来ます。

帰宅したら一呼吸してリラックスできる時間を作りましょう。

10分でも良いのでリラックスした服装と姿勢で目を閉じると、心の緊張をほぐすことができます。

くつろぎの飲酒や夜食はほどほどにしましょう。

深酒や夜食の取りすぎは、睡眠中に内臓が休まらず筋肉が緊張する可能性が高まります。

寝具が合わない時はタオルで調整しましょう。

「寝コリ」は一時の症状かもしれないので、すぐに新しい寝具を購入するのではなくまずはタオルで調整してみましょう。

その体のコリ!実はストレスかも?!ストレスの軽減方法

それでも体こわばっている!・・・どうする?骨や関節も大丈夫で体操もストレッチも効果がない方は、実はストレスかも知れません。身体が緊張したままの状態でリラックスできてないからではないでしょうか?眠りが浅い人ほど筋肉が固く、硬直しやすいです。そう、固まっている筋肉が原因です。したがってストレス解消法が大事となってきます。

笑いはストレスを軽減する!

そこで、私がおすすめしたいのは、笑うことです。
笑いは、リラックス効果が期待できるので、ぜひ笑えるようなものを見たり聞いたりしてもらいたいです。あと出来ることとすれば、入浴をより効果的なものに変えるということではないでしょうか。

ストレス軽減には入浴が効果的

必ず夏でもシャワーで済まさず、湯船につかっていただきたいと思います。

その際に・・・「入浴剤を必ず入れるということ」「全身くまなくマッサージをすること」も取り入れていただけたら、効果が倍増するかもしれません。ぜひ試してみてください。

運動をしても効果がなかった人はお医者さんに行くのもアリ?

体操もストレッチも効果が見られないような方は、関節や骨に異常があるかも知れません。軟骨がすり減っていたりすることもあります。
この場合は、お医者さんでレントゲンを撮ってもらうようにしてください。また、食生活も大事で、特にたんぱく質をがんばって摂取するように心がけるといいでしょう。コンドロイチン、グルコサミン、MSM配合のサプリメントもいいと思います。

朝目が覚めると体かたい! 体がカチカチ・バキバキの原因と対処方法まとめ

いかがでしたでしょうか?寝る直前と起きた直後が非常に大事となってきます。
寝る前に入浴と体操、起きた後にストレッチをしてみてほしいです。ぜひ参考にしていただいて、健康的な毎日をお過ごしくださいね!!

スポンサーリンク