生チョコが固まらない?対処のコツは冷凍?原因とリメイク方法まとめ

生チョコはお好きですか?いつもは食べなくてもバレンタインデーなどに自分で作る人も多いのでは?

でもこの生チョコは作り方がちょっと難しくて、失敗して生チョコがうまく固まらなかったという経験をした人も案外いるようです。

失敗の原因を調べて、次回は確実に固まらせる対処方法をご紹介するとともに、固まらなかった生チョコをおいしくアレンジする方法もお知らせします。

スポンサーリンク

生チョコが固まらない原因は生クリーム?どう対処したらいいの?

生クリームには動物性と植物性があり、生チョコを作るには動物性の生クリームが適しています。できれば脂肪分の高いものの方か固まりやすいので、生クリームを選ぶときには注意が必要です。

チョコレートはカカオ分の高いものが良いです。製菓用のチョコレートの場合はカカオが35%以上、カカオバターの含有量が31%以上なので生チョコ作りにもってこいです。チョコレートを買うときにはカカオ分を確かめましょう。

チョコレートと生クリームの割合も重要です。生クリームが多すぎると固まりません。

生チョコを作るときのチョコと生クリームの割合一覧表

チョコレートの種類 チョコと生クリームの割合(チョコ:生クリーム)
ミルクチョコレート 2:1
ホワイトチョコレート 3:1
ストロベリーチョコレート 2.5:1
ビターチョコレート 1.8:1

以上を目安に量をしっかり測って使いましょう。

生チョコを作る時のポイント:温度

チョコレートを溶かす温度も重要です。チョコレートは割と低温の20度以上で溶けます。注意したいのは温めすぎること!60度を超えると分離して固まりにくくなるので、電子レンジではなく湯煎でゆっくりと溶かすことが重要です。またチョコレートを刻んでおくと早く溶けて滑らかに仕上がります。

生チョコを作る時のポイント:水分

チョコレートと生クリームを混ぜるときに余計な水分が入ると固まりにくくなります。混ぜるときボールが濡れていたり、湯煎のお湯の蒸気が入ったりすると分離する原因になるので注意が必要です。

スポンサーリンク

生チョコを作る時のポイント:空気

混ぜ合わせるときに空気が入るとうまく固まりません。チョコと生クリームを混ぜるときには力を入れず、ゆっくりゴムベラを使って混ぜ込みます。この時泡だて器を使うと空気が入り過ぎ、固まらなくなくなることがありますので手で混ぜるのがポイントです。

生チョコを作る時のポイント:キレイに仕上げるコツ

きれいに仕上げたいときには冷蔵庫で3~4時間冷やします。急いでいるときは冷凍庫で1時間ぐらいで仕上げることもできます。

生チョコが固まらない時のおいしいアレンジ3つ

 せっかく作った生チョコが固まらないときは冷凍庫に入れるのが一番の手段ですが、生クリームを多く入れてしまった場合はさらにチョコレートを加えてもう一度冷やすこともできます。 

高温でチョコレートを溶かしてしまった場合は50度まで温めた生クリームを少しずつチョコに加えるとうまくいくこともあります。それでもうまくいかない時でも捨ててしまうはもったいないですね。

再利用のアレンジ方法としてはおすすめが3つ!

①牛乳や豆乳を混ぜてホットチョコにする。

②温めてフルーツやマシュマロにかけてチョコフォンデュにする。

③チョコソースとしてアイスクリームにかけたりするのもおすすめです。

生チョコが固まらない時の対処のコツまとめ

生チョコを上手に固まらせるにはカカオ分の高いチョコレートと動物性で脂肪分の高い生クリームを選ぶことが必要です。またチョコと生クリームの割合を守り、湯煎でゆっくりゴムベラを使って溶かし、水分や空気が入り込まないようにしてから冷蔵庫で冷やします。

もし失敗して固まらなかった生チョコはホットチョコやチョコフォンデュやチョコソースにリメイクできます。生チョコレートは作り方がちょっと難しいですが、うまくいけば出来上がりは本当においしくて滑らかなものを楽しめます。ぜひレシピ通りにして、生チョコ作りを成功させてくださいね♪

スポンサーリンク