2歳の習い事でおすすめは?子どもの習い事メリット・デメリット

2歳といえば、走ったりジャンプしたりといった運動機能の発達や、話せる単語が増えてコミュニケーションの幅が広がる子もいたりと、目に見えて成長が実感できますね。なにより、自分で「やってみたい!」といった自我がグングン芽生えてきて、何にでもアクティブに挑戦しようとするこの時期、お父さんお母さんは、2歳児が少し目を離したすきに何かしでかすんじゃないかと、ひやひやしてしまいますよね。(笑)

 このなんでも自分で「やってみたい!」という欲求が芽生える時期は、子供の成長や可能性をさらに伸ばすことのできる時期であり、何か習い事を始めるタイミングとしては良い時期でもあります。 

今回は、2歳児におすすめしたい習い事について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2歳の子供の習い事のおすすめ!男女共に人気の習い事は?

スイミング:丈夫な体を作る!親子でできる場合も!

 スイミングは全身の筋肉をバランスよく使うことができ、風邪をひかない丈夫な身体づくりにつながるといわれています。 

また、親子で一緒にレッスンを受けることができる場合があり、スイミングを一緒に習うことで親子間のコミュニケーションの拡大を図ることにも繋がります。「うちの子は水を怖がってお風呂の時も顔を濡らせない…。」そんなお子さんもいらっしゃるのではないでしょうか?スイミングに通い先生に指導してもらうことで水への恐怖を克服することが出来る場合もありますよ。

リトミック:発想力・表現力を育てる!

 リトミックとは、音楽に合わせて自由に身体を動かして、ダンスや歌など色々な表現をすることで、小さいこどもでも簡単に遊びながらすることができます。 

「こうしなくてはだめ」といった正解がないため、子どもにとってはしばりのない自由な発想で楽しみながら行うことができ、子どもの発想力・表現力を育てることができます。またダンスしながら英語や数字の数え方等を覚えるといった場合もあるそうで、保育園や幼稚園のカリキュラムに取り入れている所も多いみたいですよ。

音楽教室(ピアノ):定番中の定番!五感を刺激して脳の発達を促す

 音楽を耳から聴く、指先をバラバラに動かし鍵盤を弾く等、五感を刺激することで脳の発達が促されやすいといわれています。 

また日々継続して練習する習慣や、発表会に向けて頑張るといった、目標に向かって取り組む姿勢を身につけることができます。

スポンサーリンク

英会話:小さいうちから楽しく遊び感覚で正しい発音を覚えることができる

英語が話せたらどんなによいか…私も何度か思ったことがあります。大人になればなるほどとっつきにくくなりがちな英語ですが、そもそも言語教育というものは、小さいうちに始めると良いとされていて、 小さなうちから英語と触れ合う機会を作ることで、小学生高学年でいざ勉強するようになった時も抵抗なくすんなりと受け入れやすいといわれています。 小さいうちから楽しく遊び感覚で、知らず知らずのうちに正しい発音を覚えることができる英会話は、将来とても役立つことでしょう。

2歳の子どもの習い事のメリット・デメリットはあるの?

では習い事を始めることで、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

2歳から習い事をするメリット

社会性・協調性を学ぶ良い機会になる

 習い事に行くことで、普段生活している家とは違う新しい環境で、今まで知らなかった新しいことを体験すること、これは子どもにとってとても良い刺激になります。 また同世代の友達と触れ合う機会がグンと増えることで、社会性・協調性を学ぶ良い機会となることも。

新しい事を覚えやすい

脳や身体が柔軟なこの早い時期から習い事を始めることで、新しいことを覚えやすいといわれています。

物事をやり遂げる力が付く

習い事を通じて出来ることが増え、達成感を得ることで、自信につながります。

2歳から習い事をするデメリット

子どもにストレスになる場合がある

「魔のいやいや期」と言われる2歳児に習い事をさせるというのは、なかなか難しいものです。いう事を聞いてくれなかったり、集中力が続かないこともしばしばですが、この時期の子どもにとってそれは当たり前といえるでしょう。また、 親が「習い事をとにかくさせたい!」という気持ちで無理強いしてしまうことが、子どもにとってストレスに…。決められた日時や時間に習い事に通うことは、2歳にとって拘束時間であり苦痛となることも。 子どもが自由にのびのびと遊ぶ時間も、この時期の子どもの成長過程にとっては必要であり大切な時間です。

一緒に過ごす時間が減ってしまう場合がある

親と子どもが一緒に過ごすことは、とてもかけがえのない時間です。それが習い事を始めることで削られてしまうのは、寂しいですね。

コストがかかる

習い事を始めることでかかる月謝代、なかなかバカにできない出費ですよね…。

2歳の習い事でおすすめは?子どもの習い事のメリット・デメリットまとめ

いかがでしたでしょうか。習い事を通して得られる「できた!」という達成感はたとえどんな小さなことでも、子どもにとって大きな成長の一歩と言えるでしょう。親が習い事を「させる!」ではなく、子どもの「やりたい!」を尊重しながら、子どもが楽しんで通えるような習い事に出会えるといいですね。

 

スポンサーリンク