お餅の正しい保存方法!おいしく長持ちな保存方法と賞味期限は?

このお正月、いかがお過ごしでしたでしょうか。美味しいものをたくさん食べる機会があったと思うのですが、お正月といえば、やはりお餅!お雑煮、磯辺焼き、あんこ・きなこ・砂糖醤油をつけて食べると、とっても美味しいですよね。

お正月はお餅を食べる機会が多いため、年末年始にたくさん購入した・またはもらった方も多いのではないでしょうか。ですが、このお餅、「お正月にたくさん食べたからしばらくお餅はいいや…。でもこんなに余っているし、もったいないなぁ…どうしよう。」といった悩みを抱える方も少なくないのでは?

そんな方に、お餅をおいしく長持ちさせる、とっても簡単保存方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

お餅の保存のコツ!おいしく長持ちさせる保存方法!

お餅の大敵、それはカビ!ほっておくとすぐにカビが生えてしまいます。私も余ったお餅を適当にポリ袋に入れて冷蔵庫に入れていたのですが、気付けばカビッカビになってしまった経験があります…トホホ。カビが生えてしまったお餅はもう食べることはできないので、すごくもったいないですよね。

ではどのようにすればカビを防止して、美味しく保存することができるのでしょうか。

お餅の保存でカビを避けるにはまず密封!

そもそもお餅は生ものであり、水分を多く含む食品です。市販の個別包装になっているお餅なんかは乾燥している為、常温で冷暗所に保存していても割ともちますが、特についたお餅なんかは包装せずに常温保存していると、すぐにカビが生えてしまうようです。

 それを防ぐには、お餅ひとつひとつを丁寧にラップで包み、個別包装することが大切です。 

お餅の安全な保存場所は、冷蔵庫or冷凍庫!

 個別包装したお餅は、冷蔵庫・冷凍庫で保存しましょう。冷蔵庫で保存する場合は、密封された袋(ジップロック等)、冷凍庫で保存する場合は冷凍用保存袋(フリーザーバック等)に入れましょう。 また、袋に入れる時のポイントとしては、しっかりと空気を抜いて、なるべくお餅同士が重ならないよう、並べて入れると良いです。

スポンサーリンク

お餅のおいしい保存方法!冷蔵と冷凍で賞味期限・日持ちはどのくらい?

保存方法 日持ち
冷蔵保存 1~2週間程度
冷凍保存 数か月~半年

お餅をすぐに食べたい場合は冷蔵庫、長期保存したい場合は冷凍庫へ保存するのがベスト!
冷蔵庫での保存なら1・2週間程度、冷凍庫での保存なら数か月~半年程度が目安です。冷蔵庫で1週間以上保存しておく場合は、冷凍保存のほうが安全です。

ただし、保存期間が長ければ長いほど、せっかくのお餅の風味・味も落ちてしまう可能性が!大体一か月以内を目安に食べれば風味・味も落ちにくい為、なるべく早めに、美味しいうちに食べちゃいましょう!

お餅をふんわりおいしく解凍する方法!

最後に、冷凍したお餅をふんわり美味しく食べる、簡単な方法をご紹介しておきます。
 まず、食べる分だけお餅を取りだし、お餅のラップを外します。そして、耐熱容器にお餅を入れて水をかぶる程度に注ぎ、そのまま電子レンジでチン!(大体600Wで2、3分程度) 

尚、お餅の個数や大きさで加熱時間の目安が変わるので、その都度調節してみてくださいね。

お餅の正しい保存方法!おいしく長持ちさせる保存方法と賞味期限まとめ

いかがでしたでしょうか。お餅は大人から子どもまで、家族みんなで楽しめる食べ物ですから、コツをつかんで美味しく、安全に食べたいですね。

スポンサーリンク