子どもの歯磨き粉のおすすめはどれ?歯磨きデビューにはこの歯磨き粉

上下歯が生えそろえた時から子供の歯磨き生活がスタートします。

子どもに歯磨き粉は必要なの?もし使うとしたら歯磨き粉はいつから使うの?と疑問に思ったママも多いかもしれません。

今回はそんな子どもの歯磨き粉について紹介します。

スポンサーリンク

子どもの歯磨きはフッ素入りがいいの?安全な歯磨き粉はどんなもの?

そもそも、子どもの歯磨きに歯磨き粉は必要なのかと迷っている方もいるかと思います。それにもし必要であればどれを選べかいいかも迷いますよね!!歯磨き粉にはいろんな有効成分や効果があります。歯磨き粉は子どもの口に直接入れる物なのでなるべく体に害のないものを選びたいですよね。

基本的に年齢の低い子どもには歯磨き粉は必要ありません。水だけでの歯磨きでも汚れは十分に落とせます。歯磨き粉を使っての歯磨きはブクブクうがいができるようになってから使うのがベストです。

歯磨き粉のフッ素は体に悪影響があるの?

という話を聞いてフッ素入りの歯磨き粉の使用をためらっている親御さんもいるかと思いますが 虫歯予防に使われるフッ素は、はみがきに使う程度の量であれば体に影響を及ぼす事はありません。 仮にもし、子どもさんががフッ素入りの歯磨き粉を飲んだとしても慌てる必要はありません。

フッ素の歯磨き粉を選ぶ場合は月齢が低いうちはフッ素無配合、あるいは500ppmの程度の低いフッ素配合の歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

お子様用歯磨き粉の注意したい成分!

 子どもに悪影響を及ぼす恐れがある成分は発泡剤、研磨剤、香料、保存剤などの添加物です。 どうしても歯磨き粉を飲んでしまう場合や気になる場合は歯磨き粉を選ぶ際に配合成分を見て無添加の歯磨き粉を選ぶ様にしましょう。

子どもの歯磨き粉でおすすめはコレ!市販品のおすすめ3選!

先ほども書きましたが子ども用の歯磨き粉もいろいろあって何を買えばいいか迷いますよね。そんな方のために市販で買える安心でオススメの子供用歯磨き粉を紹介します。

① クリニカKid’sはみがき

フッ素濃度は900ppmと子ども用の歯磨き粉の中でも高濃度の特徴があり、虫歯予防に効果が期待できます。パッケージもディズニーのキャラクターが描かれており味もイチゴ味、グレープ味、ピーチ味などがあります。ちなみのこの歯磨き粉は我が家の子ども達も喜んで使ってくれます!お値段は60gで270円(税抜き)

② レノビーゴ

スプレータイプでフッ素濃度は低めの100ppmです。仕上げ磨きをした後に使うタイプの商品です。こちらもフッ素濃度が低濃度の為小さなお子様にも適してます。お値段は38mlで973円(税込)

③ピジョン ジェル状歯みがき ぷちキッズ

1歳6ヶ月頃の離乳食完了期の子ども向きに作られたジェル状の歯磨き粉です。フッ素濃度は500ppmと低濃度で商品用原料成分でできているのでうがいがまだできない子どもさんにも安心して使うことができます。お値段は50gで594円(税込)

子どもの歯磨き粉のおすすめはどれ?まとめ

いかがでしたでしょうか!子どもの歯磨き粉の使用はうがいが上手にできる様になってからの使用の方が良いでしょう。まだ年齢が小さい子どもは水洗いでも十分に汚れは落とせます。今回紹介した歯磨き粉な我が家でも全部試しました。

全てにフッ素が入っている為虫歯予防にもなります。よろしければ是非、試してみてくださいね!

スポンサーリンク