タルトの重石代わりになるもの5選!タルトストーンがなくても大丈夫!

タルトを作る場合、生地が浮かないように重石を乗せ焼いていきます。タルト方は持っていても重石(タルトストーン)は持っていないという人もいるようです。

身近にあるもので、重石(タルトストーン)の代わりになるもの、おすすめ5選を紹介していきます。

スポンサーリンク

タルトの重石の代用品!オススメ5選!量と注意点!

出典:www.cotta.jp

タルトの重石、タルトストーンはパイ生地を焼くときに膨らみを防ぐために乗せる石です。アルミニウムでできていて、約6㎜~9㎜と小さく、小さいお子さんがいるご家庭では子供が口に入れないか心配になってしまいます。

さらに、タルトを作る時にしか使用できない、洗うのが面倒という人もいるようです。
そこでタルトの重石の代用品、おすすめ5選を紹介していきます。

1:米

サイズにもよりますが0.5合~1合程度乗せましょう。タルトのふちまできれいに敷き詰めると良いでしょう。

2:小豆(豆類)

乾燥している小豆をタルトの上に敷き詰めます。乾燥している豆類を使う事ができます。

3:金魚用の水槽の石

水槽に敷き詰める小石を重石の代わりに使う事ができます。きれいに洗ってから使用することをオススメします。

4:ビー玉

ビー玉やおはじきなどを代用する事ができます。熱が加わると割れることがあるので注意しましょう。

5:お皿

タルト型余地ひとまわり小さいお皿を使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

生地にくっついてしまわないようにタルト生地の上にクッキングシートを敷き、重石の代用品乗せていきます。重石代用品を取り除く時には、火傷をしないように注意していきましょう。

タルトの重石の代用品!米や小豆は使った後どうするの?

 

タルトの重石の代用品として使った米や小豆は料理に使う事ができます。

米の場合

オーブンで熱が加わり乾燥しているので水を多めにして炊いて食べる事ができます。リゾットやピラフを作る場合、バターでいため熱を加えて作ります。重石代わりに使ったお米には熱が加わっているの、でリゾットやピラフを作るのも良いでしょう。おかゆを作るというにも良いでしょう。

重石代わりに使ったお米では足りない場合、普通のお米をバターでいためあわせて使うと良いでしょう。熱が加わり乾燥しているのでおかゆにするのも良いでしょう。

小豆の場合

小豆の場合には繰り返し使う事ができます。食べる事もできますが、熱が加わりかなり乾燥しているので柔らかくするためにはかなりの時間がかかってしまいます。お米や小豆などを重石の代わりに使う場合には再利用していきましょう。

タルトの重石代わりになるもの5選!タルトストーンがなくても大丈夫まとめ

タルトを作る場合、生地が膨らまないようにタルトストーンを乗せていきます。重石ががくても、お米・小豆・金魚用の水槽の石・ビー玉・皿などで代用する事ができます。タルトの大きさに合わせ量を調節し、取り出す時には十分注意していきましょう。

重石代わりに使ったお米は調理して食べる事ができますし、小豆は重石として繰り返し使う事ができます。身近にあるものを上手に使い美味しいタルトを作ってみましょう。

スポンサーリンク