計量カップ・軽量スプーンがない?!代わりになる代用品まとめました!

計量カップが無いので代用品を緊急で必要としている方!

例えば、お米を計るのに附属していた計量カップをなくしてしまって、どうやって計ったらいいのか分からない時・・・そんな時に、計量カップなしに簡単にお米を計ることができれば助かりますよね。

今日はそんなあなたに、計量カップや・計量スプーンに代用できる裏技を紹介していきたいと思います。代用品として何がベストなのでしょうか?早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

計量カップの代用品アイデア!お米1合は180mlで150g!

 まず計量カップがない時にふと思い出すのがお米のカップではないでしょうか!では計量カップがない場合お米はどのように量ればいいのでしょうか?

水を計量する計量カップを使って量る

 米の専用の計量カップがない時に代用できるのが、水を計るときに使う普通の計量カップ!これで簡単に1合を計ることができるんです。 

お米は1合=180cc(180ml)です。そのために水の計量するカップで180cc(180ml)の高さになるまでお米を入れれば1合になります。

米専用の計量カップでは、180cc(180ml)の間隔で1合、2合と目盛りがあるだけです。普通の計量カップでも180cc(180ml)に合わせることで簡単に計ることができるんです。

計量器で150gを使って量る

重さからでも計ることが可能なんです。
お米の1合当たりの重さですが、お米の種類にもよりますが通常は1合およそ150gとなっていますね。このことから、お米を計るための計量カップがない場合には、計量器を使って計っていきます。150gの重さになったところがお米1合の量になります。

そして、計量カップによる計測は目盛りによる目測なので多少の誤差が生じますが、計量器では数字がきっちり計れます。そのことで分量通りになって、おいしくベストな炊き上がりになりますよね。

牛乳瓶200mlを使って量る

計量カップに計量カップが無い!そんな時におすすめなのが空いた牛乳瓶を使うのことです。牛乳瓶は200mlが一般的、すりきりより少なめに調整してやれば、ややおおざっぱですが1合180mlにすることができるでしょう。

プリンやゼリーのカップを使って量る

プリンやゼリーを食べ終わった容器は捨ててしまう事がありますがそのような容器の裏側をみると成分表示のところによく何グラム入っているから記載があります。それを利用する事で計量カップの代わりになります。

おたまを使って量る

おたまはどこのお家でもありますよね。通常のおたまは一杯50ccですのでつまりおたま1杯入れれば50gを量ることができます。※ただし最近のおたまは深いサイズもあるためすべての物に当てはまらないため注意が必要です※

スポンサーリンク

 是非試してみてください!

軽量スプーン大さじ小さじの代わりになるもの一覧!

まず軽量スプーンの基本情報を書いておきますね!

大さじ1杯⇒15cc (15ml)
小さじ1杯⇒5cc (5ml)

以上を踏まえて軽量スプーンの代わりになりそうな物をご紹介します。

食べる時に使うスプーンを代用する

普段食べる時に使っているスプーン。このスプーンに一度だけどれだけ水が入るのか調べるだけで、その後はいつでも計量スプーンの代用になります。

 面倒ではありますが、調べてみるとカレーを食べる大きなカレースプーンは大さじ1(15ml)と同じくらい。紅茶やコーヒーで使う小さいスプーンは小さじ1(5ml)と同じくらいなんです。 

スプーンにもいろいろ違いはあるものの、家にあるスプーンをどれだけの大きさか1度計ってしまえば計量スプーンの代用になるのです。計量スプーンのことを英語で大さじがテーブルスプーン、小さじがティースプーンといいます。スプーンって意外とバラバラに見えて均一に作られているんですね。

 ラーメン好きの人は、ラーメンに使うレンゲを調べておくといいです。家庭用タイプのレンゲっておよそ大さじ1前後で、ちょうど口に入る大きさが大さじ1ぐらいなんです。 

スプーンの大きさを調べれば、食べる時に使用するスプーンで調味料を計量するのです。ラーメンを作るならレンゲで計量して、スープパスタなら大き目のスプーンといったように、慣れてしまえばスプーンで大さじ1/2や、小さじ1など計れるようになるのです。計量スプーンと違い普通のスプーンなら手の届くところにあり、計量スプーンより利用価値がありそうです。

ペットボトルのキャップを代用する

計量スプーンが無い時、何を利用するかそれはペットボトルのキャップなんです。ペットボトルのキャップは約7.5ccで規格で決まっているんです。

 大さじ1は15ccですから、ペットボトルのキャップ2杯分になっています。そして、キャップの内側の線のところまでは、小さじ1の5ccなんです。ただ、こぼしやすいという難点があるので計量する時は注意しましょうね。 

また、繰り返し使う場合は油などを入れると、ギザギザの部分に入り込んだ汚れを洗うのに困るので、衛生上何度も使いまわすのはやめましょう。

計量カップ・軽量スプーンがない?!代わりになる代用品まとめ

いかがでしたか?

お米を炊くのに1合180cc(180ml)・150gと覚えておけば、お水の計量カップや計量器、牛乳瓶などで代用していけそうですね。また、計量スプーンについても、ないときっちり計れないと思っていましたが、カレースプーンやティースプーンで代用できちゃうんですね。

計量スプーンもあればいいですが、なければ普通にカレーを食べるスプーンなどで計量してもいいような気がしました。今回いろいろ調べてみて、代用品として使える物の精度の高さに驚かされました(*^_^*)

身近にある物やキッチンにあるいろんなもので代用はできますがあくまでも代用なのでまだ料理になれない場合はちゃんと量ってやるようにすると美味しい料理ができるので準備をしておくようにしましょう。

スポンサーリンク