親子丼の保存方法!常温?冷凍?作り置き・翌日でもおいしい保存方法!

親子丼は子どもも大人も、高齢者も大好きなお料理の一つです。手軽に家庭で作れますし、材料も身近なものばかりで栄養バランスも良いのでどこのお宅でも時々食卓にのることでしょう。

でもちょっと作り過ぎてしまったときや、家族の誰かが帰りが遅くなってしまって、夕食を食べない場合、この親子丼を残しておいて翌日に食べることができるか迷うところです。そこで親子丼理の保存方法と賞味期限をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

親子丼の美味しい保存方法!常温・冷蔵・冷凍まとめ!

やはり親子丼は卵が半熟状態で仕上げるため、作り立てを食べるのが一番おいしいです。時間がたつと具は固くなり、つゆをご飯が吸ってしまって柔らかくなり食感が悪くなります。多少味が落ちても後で食べるには、常温で保存は可能ですが、その日のうちに食べ切りたいところです。

暑い時期は冷蔵庫に入れる方が安全です。この場合には丼からタッパーに移してふたをするか、丼にラップをかけて冷蔵庫に入れます。

また冷凍庫に入れて保存することもできます。冷蔵庫に入れる場合とほぼ同じ要領でしっかりとふたをして冷凍します。冷蔵でも冷凍でも、食べるときは電子レンジで加熱する必要があります。

親子丼を保存するときには、できればご飯に具をのせる前に、具とご飯を分けて保存するとご飯の食感をそこなわずに済みます。また卵はいたみやすいので保存するときはしっかり火を通しておく方が安全です。

スポンサーリンク

親子丼の賞味期限は?おいしく食べられる保存期間とは?

親子丼の賞味期限は常温で半日、冷蔵の場合は消費期限が2~3日です。
また冷凍した場合は数日から1か月が限度ですが、味が落ちるのでできるだけ早く食べた方かいいようです。冷蔵の場合でも冷凍する場合でも、ご飯と具を分けて保存するとなおおいしく食べられます。

またあらかじめ作り置きしたい場合は、ご飯と具を別々に冷凍しますが、具は玉ねぎや鶏肉を味付けして煮た状態で、冷ましてからジップロックに入れてしっかり封をして冷凍庫に入れておくのがおすすめです。解凍するときは常温に戻してから鍋でもう一度加熱して最後に卵を溶き入れるといつもと同じおいしい親子丼ができます。

親子丼の保存方法!常温?冷凍?作り置き・翌日でもおいしい保存方法まとめ

親子丼は作り立てを食べるのが一番ですが、残った時は常温や冷蔵庫または冷凍庫で保存することは可能です。保存期間はそれぞれ半日から2~3日、1か月となりますが、味が落ちるのでできるだけ早く食べるのが得策です。

あらかじめ作り置きするときは卵を入れる前の具を冷凍保存すると良いでしょう。親子丼は家庭的で美味しいお料理なので上手に作って、保存して家族みんなで楽しみたいものです。

スポンサーリンク