妊婦さんの風邪は食事で改善!栄養があるおすすめの食べ物!

妊婦さんの中で、妊娠してから風邪を引きやすくなったという方、案外多いかもしれません。実際、妊娠中って免疫力が低下するので、風邪を引きやすくなって治りにくいんです。困りますよね。

お腹の赤ちゃんの事を考えると、慎重になってしまって、薬は飲めないし。なんとか早く自力で治癒したいと考えるのは当然です!その為にはどうすればいいのでしょうか?

あなたの体は食べたものから出来ています。食べ物で、体の免疫力を上げる事によって風邪を早く治すことができます。そこで今回は、妊婦さんの風邪と食べ物の視点で取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

薬は使いたくない!妊婦さんの風邪の時におススメの回復食材!

妊婦さんの風邪には、体に優しい自然な治し方を…
妊婦さんなら、薬を出来るだけ使いたくないですよね。そのために、自然で体に優しい風邪の治し方を紹介したいと思います。

風邪をひいた妊婦さんに…治し方のポイントになることとは?

・安静にして、体を温める⇒肩甲骨の間を温めるのがいいです
・水分補給をこまめにする⇒経口補水液を自宅で手作りする
・体を温める食べ物を食べる⇒ショウガ、ネギ、ニラなど

風邪をひいた妊婦さんは、すぐに病院や薬に頼るのではなく自分の治癒しようとする力を高める方法で、出来る限り対処できるようにしてみましょう!

病院で出される薬は対症療法でしかありませんから、風邪の症状を抑えているだけで、風邪の根本は治していません。治しているのはあなたの免疫力だからです。もし、産後も母乳で育児をするのなら、薬を簡単に飲むことは出来ません。母乳に薬の成分が入り、赤ちゃんの口にも入っていまう恐れがあるからです。

 妊婦の時から、栄養のある食習慣や免疫力を高める生活習慣を心がけ、風邪に対抗できる体を作っていきましょう! 

妊婦の風邪にはこれを食べて回復を早めよう!

体を温めて、免疫力を高められる食べ物って、どんなのがあるのでしょう。

ショウガ

ショウガといえば、体の芯から温める食べ物です。血流を促進して体温を上げる効果が。風邪薬の葛根湯にもショウガが含まれてますね。ショウガに含まれているジンゲロールには、免疫細胞として働いてくれる白血球を増やしたり、免疫力を高めてくれる作用がありますよ。

みかん、レモン、グレープフルーツ、きんかんなどの柑橘類

ビタミンC、βカロテンによって粘膜の補修に役立ちます。みかんの皮には血行を促す効果があります。冷えをとる漢方薬の陳皮の材料です。他にも、水分補給もできて、クエン酸で疲労回復効果もあります。

スポンサーリンク

ネギ

ネギには、血流を促したり、発汗作用などの効果の他に、抵抗力をアップする効果があります。また、新陳代謝を良くして、疲労を回復させる効果もあります。ネギには、ビタミン類の他にカリウム、マグネシウムなど、ミネラルを含んでいます。摂取することで体が温もり発汗して、熱が下がると言われます。

良質なたんぱく質が含まれており、粘膜の乾燥や再生不良を防ぎます。ビタミン、ミネラル、殺菌作用を持つうえ、リゾチウムを含む栄養価の高い食べ物です。風邪を早く治すためには良質なたんぱく質を摂取することです。滋養豊富で消化が良く、胃腸に優しい卵。卵がゆなんかにしてもいいでしょう。

風邪が悪化して食べ物を食べるのも億劫な方には風邪を緩和する飲み物を…

ジンジャーレモネード

レモンの搾り汁に蜂蜜、そこにおろしショウガを入れてお湯で溶きます。ビタミン補給も出来て、体も温まります。他の国では風邪の時に温めたオレンジジュースを飲むんだとか。なので、レモネードもいいと思いますよ。

食欲のない時は無理をしない!風邪の時食べてはいけない食材もおさえて

食欲のない時には無理に食べようとしない方がいい!

風邪をひいた妊婦さんで食欲がない時には、無理に食べるのは控えましょう。空腹時には免疫力が上がりやすくなっていて体が自然にそう反応しているからです。そもそも熱が上がり風邪症状がひどくなった時って、食欲がなくなりませんか?ですから、元気になってきてから、消化のいいものを食べるようにしましょう。 風邪の症状がひどい時には無理して食べず、水分補給のみに注意しましょう。無理して食べないことで逆に免疫力が高まります。 

風邪の時食べてはいけない食材

妊娠中の風邪の時に控えた方がいい食品とはどのようなものでしょうか?

生もの

免疫力が低下している風邪の時には、食あたりを起こす可能性も高くなるので、生卵、生野菜、刺身など生ものを食べるのは控えましょう。生ものは良く加熱してから食べるようにしてください。

体を冷やすもの

体を冷やす食べ物は、キャベツ、キュウリ、トマト、なす、バナナ、スイカ、豆腐、白砂糖などです。これらの食べ物をたくさん食べてしまうと、体を冷やしてしまいます。風邪で寒気がする時には食べることを控えましょう。

逆に、体を温める食べ物は、イモ類、かぼちゃ、大根、人参、ショウガ、ニンニク、ネギなどになります。上記でもいくつか紹介しましたね。

消化に悪いもの

食物繊維が多い野菜(ごぼう、竹の子など)、脂肪の多い肉や魚、揚げ物やスナック菓子など油っぽいもの、辛い物などの刺激の強いものは食べるのを控えましょう。

風邪を引いて何を食べていいか困っている妊婦さん、風邪を引いた時に何を食べるのが、お勧めか理解していただけましたか?

妊娠中は薬が飲めないので、風邪を引いてしまうと凄く嫌ですよね。けれど、妊娠中に風邪を引いてもお腹の赤ちゃんに影響はないのでご安心を!それよりも、妊婦さん自身の体の回復に努めて下さい。その為には、今回ご紹介した食べ物で風邪に負けない体を作ってくださいね。

風邪に負けない健康なお母さんから、健康優良児が生まれますように!

スポンサーリンク