ボブ・ミディアム・セミロングの方に贈る♪寝る時の髪のまとめ方!

女性らしさの象徴としてよく言われるのが美髪!髪は女性の命なんて過言でないかもしれません。

そんな美髪を保つには、実はそれなりの努力が必要です。寝ぐせなどで髪の痛みが起こらないように、色々な対策を考えなければいけません。また、髪型は「ボブ」「ミディアム」「セミロング(ロングヘアも含む)」など色々あり、それぞれ髪のまとめ方やケア方法も色々と違ってきます。

そこで今回は・・・就寝前の女性が髪の毛を痛まないようにするためには、どんなことをすればいいのか?など、就寝前の女性の髪の毛の対策などについて色々と「ボブ」「ミディアム」「セミロング(ロングヘアも含む)」の3タイプに分けてお話をさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

寝るときの髪のまとめ方!ボブヘアさんにおススメの夜の美髪対策!

美容院できれいにしてもらったのに、朝起きたときに髪の毛がはねたり、痛んだりするといやですよね(*_*)せっかくきれいにカットしてもらったのに、なかなか維持が出来ない…なんていうことにならないように、まずはボブヘアから、ご紹介させていただきます。

ボブスタイルは寝るときにそのままだとどうなる?

髪の毛はケアをしないでそのままにしておくと、当然ながら痛んできます。特に、乾燥した季節は対策をしないと毛質が乾燥して潤いがなくなり、髪の毛に一番必要な「タンパク質」が減り、毛先も痛んだりして髪の毛のはねる原因にもなってしまいます。

ボブヘアの就寝時に髪の毛がはねない・痛まないようにする対策は?

これはどのヘアスタイルにも共通する事なのですが、大きく3つに分けると、

正しいトリートメントをする
お風呂上りにすぐ髪の毛を乾かし濡れたままでは寝ない!
正しい乾かし方をすることです。

ボブヘアの正しい乾かし方は?

まず、やり方はヘアオイルを毛先につけ、髪の毛をボブの形に整えます。そして、ドライヤーは出来るだけ根元に当てて、髪の毛を引っ張りながらドライヤーをかけます。

毛先は丸いブラシを使って手首のスナップを使うように、内側へ「クルッと」回しながら乾かしていきます。

寝るときの髪のまとめ方!ミディアムさんにおススメの夜の美髪対策!

ミディアムヘアは肩から鎖骨までの長さになります。ボブより髪の毛が長いスタイルなので、寝る前に髪の毛をまとめることが必要になってきます。朝起きてもサラサラヘアなどを保ちたい方のために、おすすめの髪の毛のまとめ方などをご紹介させていただきます。

寝るときの痛まない髪の毛のまとめ方!

ミディアムヘアの長さの場合、寝る前のセットに気を付けないと枕の摩擦が大きくなり痛みやすくなってきます。ゆるく髪を結んでおくと摩擦も少なくなってくるのでダメージも軽減できます。

☆☆セミロングやロングヘアの方もぜひ参考にしてくださいね!☆☆

 二つ結びスタイルのやり方!

アップのお団子に出来るほど髪が長くない場合は、2つに分けて緩く結ぶのがいいでしょう。「二つ結びに」すると後頭部が平らになり仰向けになりやすいですよ(^.^)

スポンサーリンク

三つ編みスタイルのやり方!

翌日にくせっけスタイルを楽しむのなら、「ゆるい三つ編み」をしてみるのもいいでしょう。まとめる時はシュシュを使うと髪を傷むことも少ないです。三つ編みのポイントは「かなり緩く」してくださいね。きつくクセが付いてしまうと大変なことになりますよ。

シュシュ結びでアップのやり方!

シュシュ結びのアップは、簡単に出来る上に摩擦も少ないので大変おすすめです。シュシュはゴムではなく布で出来ているので、結ぶ時にきつくならず、髪の毛をまとめる時に最適アイテムです。

寝るときの髪のまとめ方!セミロングさんにおススメの夜の美髪対策!

セミロングやロングヘアの方は寝る前の髪の毛のケアを手を抜いてしまうと、大変面倒くさいことになってしまいます。

高価なトリートメントでせっかくケアしたのに、朝起きたら「パサパサ」だったり、仕事やデートに行かなければならないのに「セットも全然決まらない!」とかで時間がかかってしまうことも!

セミロングやロングヘアの美髪は寝る時のケアが大切!

髪の毛の長さも長くなると当然、寝る前の髪の毛のまとめ方や、トリートメントのケアが大切になってきます。それでは、どんなスタイルがあるのでしょうか?上記からまとめ方が続きますが説明していきます。

お団子髪スタイルの作り方

セミロングやロングヘアは髪の毛は長いので、出来るだけ高い位置でシュシュを使ってポニーテールにします。そして、髪の毛をそのままねじり髪の毛をゴムに巻き付けていきます。最後に根元をゴムでまとめて出来上がりです。

不器用な方におすすめツインテールスタイル

とにかく簡単素早くまとめることができ、不器用な方でも簡単に出来る方法です。このスタイルも緩めにゴムやリボンでまとめてくださいね。

いらなくなった靴下でできるソックバン!

誰にでも作れる「そっくばん(ソックバンドーナッツ)」という、簡単に髪の毛をアップにしてお団子ヘアにしたり、巻き巻きヘアを作るときにたいへん便利なアイテムがあります。

作り方は、いらなくなった靴下の先をハサミで切り、くるくるとドーナッツの形にしていくだけです。ぜひ、女性にとって便利なアイテムなのでぜひ作ってみてくださいね。 

髪をまとめるのに必要なことは?

髪の毛をまとめる前に大事なことは髪の毛のトリートメントでしょう。髪の毛に潤いを保つことで、まとめる時に痛むことを軽減できてサラサラヘアにできます。しかし、トリートメントといってもどんなものがいいのでしょうか?

どんなトリートメントを使えばいい?

寝る前に髪の毛をアップにしたりしてまとめる時には、なるべく洗い流さないトリートメントで、95%以上が天然オイルで作られているものがおすすめです。洗い流さないトリートメントでおすすめを選ぶと、「patronエンハンスオイルセラム」という商品です。

210mlで5,900円(税抜)とすこしお高めですが、髪表面のダメージだけではなく、髪の根幹までエイジングケア成分や補修成分を浸透させるので、普段から使用することで、髪へのダメージを軽減して美しい髪を保つことができるので大変おすすめです。

ボブ・ミディアム・セミロング寝るときの髪のまとめ方まとめ

いかがでしたか?ボブ・ミディアム・セミロング、それぞれ3タイプに分けて髪の毛のケアについて色々とお話をさせていただきました。

女性のヘアスタイルは様々で、それぞれケア方法も違ってきます。今回の内容で、ぜひ女性たちの髪が美しい状態で維持していって、頂けたらなと思います。

スポンサーリンク