かつ丼の保存方法!常温?冷凍?作り置き・翌日でもおいしい保存方法!

かつ丼はスタミナ料理の代表のようなお料理で大人も子どもも大好きですし、老人ホームでも人気があると聞きました。食堂の定番メニューでもありますが、家庭でもよく作ります。

さてこの美味しいかつ丼を作り過ぎて残ってしまったら、あるいは作り置きをする場合どうしたらあの美味しい味をそこなわずに保存できるのでしょうか。また保存期間はどれぐらいなのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

かつ丼の美味しい保存方法!常温、冷蔵、冷凍、まとめ!

かつ丼は揚げたとんかつを玉ねぎなどの野菜と一緒に甘辛く煮て卵でとじ、温かいご飯の上にのせて仕上げるため、出来上がったかつ丼はすぐに食べるのが一番おいしい食べ方です。

もし常温で保存するならば30分程度が限度でしょう。それ以上時間が経つとご飯が汁気を吸って柔らかくなって食感が悪くなりますし、卵は固くなり、とんかつも衣がフニャフニャで美味しさが半減します。また卵が半熟状態の時はとてもいたみやすいので冷蔵庫に入れて保存するのにも冷凍庫に入れて冷凍保存するのにも向いていません。

 卵にしっかり火を通したものであれば、保存のために冷蔵庫や冷凍庫に入れておけばある程度日持ちしますし、解凍して加熱すれば食べることもできます。しかし残念ながらかつ丼本来の美味しさを味わうことは無理のようです。 

スポンサーリンク

もし作り置きしたいときは、とんかつ以外の具を味付けして煮ておき、翌日温めた具にとんかつを加えて卵でとじて、温かいご飯の上にのせるのが良いみたいです。ご飯は炊き立てでも冷凍したものを解凍して加熱したものでも構いません。こうすれば短時間で出来たてのかつ丼をおいしくいただけます。

かつ丼の賞味期限は?おいしく食べられる保存期間とは?

かつ丼の賞味期限は調理してから30分程度です。消費期限は2時間程と保存できる期間は非常に短いです。

冷凍食品として市販されているものは急速冷凍されているので味の劣化が少なく長期保存ができますが、家庭の冷凍庫では難しいしいので、やはり一番おいしく食べられるのは作り立てと言えるでしょう。

かつ丼の保存方法!常温?冷凍?作り置き・翌日でもおいしい保存方法まとめ

みんなが大好きなかつ丼はどうやら保存には向かないお料理のようです。でも作り方はそれほど難しくないので、とんかつを冷凍保存しておけば必要な時に解凍して野菜をさっと煮てとんかつを加えて卵でとじれば短時間で仕上げることができます。

かつ丼の冷蔵や冷凍保存を考えるよりは、解凍したとんかつを利用して時短料理を目指すのが得策かもしれません。

スポンサーリンク