ぶり大根の日持ちはどのくらい?常温?冷凍?作り置きの方法は?

ぶり大根はおかずでもおつまみでもとてもおいしく食べる事ができます。でも、作る時に大量に作ってしまい残ってしまう事があります。
ぶり大根はどのくらい日持ちするのでしょうか。また、保存法や作り置きする時の方法について紹介してきます。

スポンサーリンク

ぶり大根の美味しい保存方法!常温・冷蔵・冷凍まとめ!

ぶり大根は、大根の皮をむいて下茹でし、ぶりを食べやすく切ざるに乗せ熱湯をかけ生臭さを取ります。その上で、すべての調味料を入れに立たせアルコールを飛ばしたものの中に大根とぶり千切りにした生姜を入れ、落し蓋をして煮こむと出来上がりです。

残ってしまったぶり大根の保存方法は、熱を加えていることから常温で保存する事もできますし、冷蔵・冷凍で保存する事もできます

常温で鍋で保存する場合には、保存期間は翌日までとなります。

冷蔵庫で保管する場合には、冷めたら冷蔵庫に入れ1~2日に1回火を入れ1週間程度日持ちさせる事ができます。

冷凍庫で保存する場合には、冷凍用保存袋などに入れ1~2か月程度日持ちさせる事ができます。

解凍し火を入れた場合には、その日のうちに食べてしまいましょう。

スポンサーリンク

ぶり大根の賞味期間は?おいしく食べられる保存期間とは?

ぶり大根の賞味期限は、その日のうちに食べてしまうか翌日までだといえます。

 常温保存の場合には毎日火を入れる、冷蔵保存の場合には1~2日に1回火を入れることで1週間程度日持ちさせる事ができます。 しかし、火にかけることで味が濃くなってしまい塩辛くなるので水を足していくことも必要になってきます。さらに固くなってしまい味が落ちる事もあります。

冷蔵庫で保存しているぶり大根を美味しく食べるためには食べる分だけ取り出すことが必要になってきます。 冷凍庫で保存する場合、おいしく食べるためには小分けにして保存する事が大切です。 

冷凍・解凍を繰り返すと味が落ちてしまうので、食べる分だけ取り出し解凍して使っていきましょう。また、すきまがあると冷凍焼けする事があるので余分な空気を抜き、密封して保存しておきましょう。余った汁だけを冷凍し、次回のぶり大根に使うという利用法もオススメです。

ぶり大根の日持ちはどのくらい?常温?冷凍?作り置きの方法まとめ

ぶり大根は、加熱していることから常温で保存する事ができます。さらに冷蔵・冷凍でも保存する事ができます。取り置きしておき、食べる場合には加熱して食べることが大切です。冷凍保存で日持ちさせる事ができますが、1回に食べれる分を小分けにし保存することでおいしく食べる事ができます。

ぶり大根を食べる場合、おいしく食べるにはその日のうちに食べるか、上手に保存していきましょう。

スポンサーリンク