ふわふわ・もこもこスリッパの正しい洗濯方法!手洗い・干し方・頻度は?

女性の冷えにとって寒い時期は大敵です。フローリングや廊下を歩くとき、とっても足が冷たく感じます。そんな時にふわふわ・もこもこスリッパがあると足元が温かくとてもいい気持ちになりますよね。ファー付きだったらなおさら温かくなりそうです。いつも家にいる人はスリッパをはいている時間が長いので汚れも気になりますが、ふわふわ・もこもこスリッパは家庭で洗えるのかちょっと自信がないという人も多いと思います。特にお気に入りのふわふわスリッパだったら何とかしてきれいにしてもとのままの柔らかい肌触りを残しておきたいものです。

ふわふわ・もこもこスリッパは、どのような洗濯やお手入れをすればいいのでしょうか?そこで今回は、もこもこスリッパやふわふわのファー付きスリッパの洗濯方法やお手入れの仕方をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

もこもこ綿入りスリッパの洗濯のしかたと正しいお手入れ!

出典:http://www.3coins.jp/

もこもこスリッパは、見た目も可愛くて暖かそうですよね。しかし、1シーズン使うと汚れてしまって、「衣替えの時どうしよう…」とお考えの方もたくさんおられると思います。自分で洗濯してスリッパをダメにしてしまわないように、洗濯の仕方・お手入れの仕方を見ていきます。

もこもこスリッパの基本的なお手入れの仕方!

 もこもこ系のスリッパは「洗える」と表示されているものとそうでないものがありますが、表示がないものでも、底の部分に厚紙が入っていないものなら、家庭で洗えます。 

まず、洗う前にスリッパに付着したゴミを取り除きましょう。その後、型崩れ防止の為、スリッパをネットに入れます。洗濯機を使用する場合はソフト・手洗いコースなどがあればそれを選択し、優しく洗うようにしましょう。洗剤は普段使用しているものでも良いですが、おしゃれ着洗い用のものや柔軟剤を使用するとよりふんわり優しく仕上がります。

また、少し面倒ですが洗濯機を使用するより、手洗いのほうが型崩れしにくく、スリッパにとってはダメージが少なく洗濯できます。特に毛足の長いファー等は洗濯機より手洗いのほうが、洗濯機の中に毛が抜け落ちてしまうといったリスクが少ないといえます。

洗濯機の手洗い機能を使い、スリッパをネットに入れてできる限り型崩れを防いで洗うのがおすすめです。手洗いならさらに良いでしょう。ぬるま湯に洗剤を入れてスリッパを丁寧に押し洗いして、汚れが目立つところはブラシで洗います。洗剤が残らないようによくすすぎ、洗濯機で軽く脱水するか、タオルでくるむようにして水気をとってから形を整えて、風通しの良いところで日陰干しにします。乾燥機を使うより天日の方がふんわりと仕上がります。

【もこもこ綿入りスリッパ】洗濯のしかた

 洗濯すするときの洗剤は「おしゃれ着用の洗剤」を使うといいでしょう。ふんわり仕上げたいときは「柔軟剤を入れてみる」のもアリかなと思います。 型くずれの心配があれば中性洗剤やせっけんを使い、よく泡立てて優しく手洗いで洗うのをおすすめします。

洗濯機の場合は、ネットを使い優しく洗うコースで洗いましょう。脱水は短めがいいでしょう。決してガシガシ洗わないでくださいね!

【もこもこ綿入りスリッパ】お手入れのしかた

もこもこ綿入りスリッパのタイプによって違いますが、汚れなどが封着した場合は、ぬるま湯でぬらした布巾で汚れを取り、 天気の良い日などに天、日干しではなく日陰干しして乾燥させましょう。天日干しは色あせや綿の繊維が傷んでしまうので、直射日光の当たるところでは干さないでください。 

ふわふわファー付きスリッパの洗濯方法と正しいお手入れ!

出典:https://shop-list.com/

ファー付きスリッパのファーの大体はリアルファーではなく、フェイクファーでアクリル素材のものが多く繊細です。よって、自分で洗濯するときは気を付けないと毛が抜けてしまって、すぐダメになってしまいます。もこもこスリッパと共通する点はあると思いますが、洗い方・お手入れの仕方を見ていきましょう!

スポンサーリンク

【ふわふわファー付きスリッパ】洗濯のしかた

毛の短い物なら自宅で洗っても大丈夫ですが、毛の長いファーの場合はトラブルのもとになるかもしれないので避けましょう。 洗い方は、バケツにぬるま湯に中性洗剤を溶いてそこへ浸けおき、優しく汚れを取ってあげましょう。次に、タオルで包んで水気を吸い取って、優しく手で毛並みを整えて、スリッパ用のハンガーにぶら下げて、天気の良い日に天日干しではなく日陰干しにして乾燥させます。  ※乾かす時にドライヤーは絶対にご法度です。溶けてチリチリになります。

【ふわふわファー付きスリッパ】お手入れのしかた

お手入れではリアルファーだとブラシでお手入れが出来るのですが、フェイクファーの場合は、簡単に抜けてしまう恐れがあるので、手で軽く振ったり、たたいたりしてほこりや汚れを落としてください。決して強くたたかないように!・・・毛が抜けてしまいます(・.・;)

衣替えの時の保管方法もファーに型がつかないように、箱やケースに入れて保管してくださいね。

ファー素材のスリッパのお手入れ方法として、ブラシで毛並みを整えるようにといてあげるとふわふわをキープすることができます。ちなみにペット用のブラシが割とオススメです。ただ、毛が抜けてしまったり痛んでしまう可能性もあるので、様子を見ながら試してみてくださいね。

スリッパを干す際には、きちんと形を整えてから干しましょう。乾いてしまった後だと、形を直すのが難しくなってしまうからです。また、乾燥器を使用するより、天日に干すほうがふんわり仕上がりやすいです。ただ、直射日光に当ててしまうと変色する可能性があるので注意しましょう!

ふわふわ・もこもこスリッパを長持ちさせる方法として共通することは、型崩れを防ぐために優しく洗うこと、洗った後は型を整え、風通しの良い日陰干しにすることがポイントです。

こちらもチェック!ふわふわ・もこもこスリッパを長持ちさせる方法!

ふわふわ・もこもこスリッパを長持ちさせる方法は、結論として上記の洗濯の仕方とお手入れの方法をしっかり守ることです。しかし、上記以外で長持ちさせるとなるとどんなものが在るのでしょうか?

洗濯の頻度

ふわふわ・もこもこスリッパを長持ちさせる方法は、洗濯の頻度にあるのではないのでしょうか。できれば2週間に1度ぐらいは洗濯をしたいものです。ですから洗えるタイプのスリッパを選ぶことがコツですが、もし厚紙が入っているものを買ったりいただいたりした場合は、時々掃除機の細いノズルをスリッパのつま先の部分に入れて埃を吸い取り、ふわふわの部分はウェットティッシュや中性洗剤を含ませたタオルで拭いて汚れを取り、濡れたタオルで拭いてから乾燥させるとかなりさっぱりして長持ちします。

ふわふわ・もこもこスリッパは洗いすぎると、素材が痛みダメになる可能性が高いので、毎日履く場合・・・夏は汗をかきやすく、雑菌も繁殖しやすいので、1~2週間に一回くらい、寒い冬は2週間に一回くらいが目安かと思います。

長持ちさせるポイントの干し方

洗濯した後は必ず天日干しではなく日陰干しにして乾燥させてください。この干し方はポイントです。乾燥機は使わないようにしてくださいね。

洗濯する前にチェックする事

せっかくキレイに洗濯しようと思っても洗濯不可だとどうしようもありません。洗濯不可のスリッパを洗ってしまうと使えない状態になってしまいます。

洗濯不可の調べ方

スリッパの洗濯表示のチェックをします。洗濯桶のマークに数字が書いてあると洗濯機OKです。数字は温度の限度数値で、40とあったら40度まで大丈夫ということです。

下に横線があったら弱い処理が出来るという意味で、洗濯桶に手のマークがあると手洗いです。洗濯桶に×のマークが入っている場合は、家庭の洗濯機ではでないので注意しましょう!結論として、ふわふわ・もこもこスリッパを長持ちさせる方法としては、正しい洗濯方法をすることで長持ちにつながるということです。

ふわふわ・もこもこスリッパの正しい洗濯方法!手洗い・干し方・頻度まとめ

いかがでしたか?今回はふわふわ・もこもこスリッパの洗濯方法とお手入れの仕方などを、ご紹介させていただきました。お気に入りのスリッパ!正しい洗濯方法で長持ちさせて、大事に使ってあげられるといいですね!

スポンサーリンク