エリザベスカラーの代わりになるアイディア!カラーを嫌がる犬・猫ちゃん用!

エリザベスカラーは、犬や猫などがケガや手術などを行った時に傷口をなめ悪化させないようにつけるものです。プラスチックなどで作られているので、嫌がる犬や猫も多いようです。そこで、エリザベスカラーの代用品や、代わりになるアイディアについて紹介していきます。

スポンサーリンク

エリザベスカラーの代用品!小さいワンちゃんや猫ちゃんにおすすめアイディア3選!

犬や猫によっても違いますが、エリザベスカラーを付けてくれる子、嫌がって暴れる子など様々な場合があります。小型犬や猫の場合、エリザベスカラーが大きかったり重かったりすると特に嫌がる事があるようです。しかし、傷口に細菌が入ったり治りが遅くなってしまうので、できれば傷口を舐めたりしてほしくありません。

プラスチックのエリザベスカラーを嫌がる場合には、身近な物で手作りするという人もいるようです。手作りする場合には、犬や猫の首の周りを測っておきましょう。

≪エリザベスカラーを手作りする際のおすすめアイディア≫

1.シャンプーハット
2.カップ麺のカップ
3.クリアファイル

どれも軽いので小型犬や猫のサイズに合わせ作っていきましょう。

シャンプーハットやカップ麺のカップは円形をしている・柔らかいと言うことから使いやすいと思います。両端にマジックテープを付け、取りはずしができるように作っていきます。首周りとマジックテープの重なる分を考え切り、マジックテープを付ければ出来上がりです。クリアファイルの場合には少し硬いので、首に当たる部分が気になる事が厚と思います。その場合には、クリアファイルの首に当たる部分に布やハンカチなどを取り付けてあげると良いでしょう。

エリザベスカラーの代わりになるもの、大きい犬・猫にはどうすればいい?

エリザベスカラーの代用品として、シャンプーハット・カップ麺のカップ・クリアファイルを使う場合には、小型犬や猫は大丈夫なのですが、大型犬・猫などは壊してしまう可能性があります。そうなると傷の回復が遅くなったり、傷が開いてしまう事があるので注意しておきましょう。

スポンサーリンク

 現在では、エリザベスカラーの代用品として安全に使えるものがいくつかあります。 

出典:https://www.amazon.co.jp/

エリザベスカラー代用案:術後服

術後服は傷が治るまで着ておく、ペットの洋服のようなものです。その他にも、ムーンカラーと言うもので空気を入れて膨らませマジックテープで留め、首の周りに付けて使うものがあります。柔らかく軽い視界を遮らないという事が特徴です。

エリザベスカラー代用案:ドーナツカラー

ドーナツのような輪になる物で、中綿入りクッションのようになっています。ムーンカラーやドーナツカラーを付けた場合、物にぶつかってもいたくありません。犬や猫が嫌がらないようなものを選び使っていきましょう。

エリザベスカラーの代わりになるアイディア!カラーを嫌がる犬・猫ちゃん用まとめ

エリザベスカラーを嫌がるという場合には、シャンプーハット・カップ麺のカップ・クリアファイルなど身近な物を使い手作りするのも良いでしょう。できるだけ固くないものを利用することをオススメします。その他、術後服やムーンカラー・ドーナツカラーなどもあるので、飼っている犬や猫に合わせ使っていくと良いでしょう。

犬や猫の傷などが早く治るように、快適に過ごせるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク