マグロの漬けの日持ちはどのくらい?常温?冷凍?作り置きの方法は?

マグロのお刺身を漬けにして食べるととてもおいしいのですが一度に全部食べてしまうのは難しい時があります。マグロの漬けを作った場合、どのくらい日持ちがするのでしょうか。保存方法や作り置きの方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

マグロの漬けの美味しい保存方法!常温・冷蔵・冷凍まとめ!

マグロを買ってきて刺し身にし、タレに漬けることで鮮魚でも日持ちさせる事ができます。刺し身が残ってしまった場合漬けにして保存するという人もいるようです。

マグロの漬けのタレは、酒と醤油とみりんを使い作ります。割合が、酒が3・醤油が2・みりんが1になるように作っていきます。酒が大さじ6の場合、醤油が大さじ4、みりんが大さじ2といった分量になります。小さなお子さんがいてお酒が苦手という場合には、調味料を全部合わせ火にかけアルコールを飛ばすと良いでしょう。

ごま油を少量入れるという人、薬味として生姜やネギを使うという人もいるようです。タレに5~6時間漬けることで、おいしいマグロの漬けの出来上がりです。 保存方法は、魚やお刺身などは常温では保存できないので、冷蔵または冷凍保存になります。次の日に食べるという場合には、冷蔵保存で良いでしょう。 

次の日には食べないという場合には、冷凍用の保存袋(フリーザーパック)などにマグロの漬けとタレを一緒に入れ冷凍庫で保存していきます。

スポンサーリンク

食べる時に解凍する場合、冷蔵庫で解凍するか保存袋に流水にさらしその後氷水に漬けて解凍するという方法があります。解凍したものはその日のうちに食べるようにしてくださいね。

マグロの漬けの賞味期間は?美味しく食べられる保存期間とは?

 スーパーで買ってきた刺し身のままだともっても2日間ですが、タレに漬け込むことで冷蔵庫で4日間日持ちさせる事ができます。 

マグロの漬けを作り置きし冷凍した場合、保存期間は長くても1週間程度となります。

長期間冷凍しておくと固くなってしまったり味が落ちて美味しくなくなってしまう事があるので注意しましょう。色などを見ておかしいと思ったら食べるのをやめておいた方が良いでしょう。

数日たってしまい、解凍してそのまま食べるのはチョットと思った場合には、一晩夜風に当て一夜干しにしたり加熱調理をして食べると良いでしょう。おいしく食べたいという人は、なるべく早めに食べることをオススメします。

マグロの漬けの日持ちはどのくらい?常温・冷凍・作り置きの方法まとめ

マグロの漬けは、冷蔵庫で4日間保存する事ができます。

次の日までは美味し浮食べる事ができますが、次の日には食べないという場合冷凍庫で保存しておいた方が安心です。食べる時に解凍し、その日のうちに食べてしまうことをオススメします。長期間保存しておくと、固くなってしまったり味が落ちてしまいます。

マグロの漬けは、新鮮なうちにおいしく食べていきましょう。

スポンサーリンク