【DTB】どうぶつタワーバトルアップデート!集まれ新どうぶつ!

皆様どうぶつタワーバトルは楽しんでおられますか?2週間前の2月23日に大幅アップデートされましたね。

ここにきて新どうぶつが大量にやってくるとは思っていませんでした。遂に私が待ちに待っていたカピバラさんとアルパカさんが追加されたわけですが…ペンギンはどこに??!!とりあえず、変更されたヶ所・追加されたどうぶつの性能とシュールさをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【DTB】どうぶつタワーバトルアップデートで変わったこと

土台がランダムで小さくなる!

土台がちいさくなるのはランダムらしいですね。狭い場合はしょっぱなからタワー戦に入るので勝負が決まりやすい。私は嫌いではないが、巷では不人気の様子。ランダムだから運要素が増えた感じ。ここにきてひっかけ技が土台増やしに生きてくるわけですね…!

どうぶつさんの名前が出てくる!

左上に動物さんの名前が出てくるようになりました。シカ・トナカイ問題とか、シロクマ・ホッキョクグマ問題が解決されるわけですね!(正解はどちらも後者)素晴らしい!また、新どうぶつが一部マニアックすぎるのでそのためですかね!どうぶつの表記ゆれが起きないので素晴らしい配慮です。

新どうぶつと旧どうぶつは同じ対戦では出てこない!

どうやら完全に別の組み合わせとして分けられているようです。旧アニマルでバトルする時の実家に帰って様な安心感よ…。

どうぶつタワーバトルの新アニマルたちのご紹介!

カピバラ

遠目から見たら変形したキウイにしか見えない。心なしか置いたときにモキュッとしててそれもかわいい。重心は体の中心より前足寄りで頭でっかちである。つるっとした面はなくざらついて引っかかりやすい。おめめを閉じてるのがso cute♡

ダチョウ

軽い万能アニマル。いつ来てもおける。縮尺のせいでエミューに見えるがダチョウなのか…。細い隙間に突き刺さってバインバイン揺れるが落ちない。タワー戦では攻める置き方ができるのでとても優秀。

アルパカ

もふもふスタイル。やや不安定な形だがあんまり滑らないので安心。タワー戦ではシーソーしやすいので個人的には重宝している。縮尺が小さすぎてやや気になるが、なにもアルパカに限った話ではなかった。

オリックス

軽い。ふわふわとしている。個人的にはとてつもなくさばきやすい。角とかが引っかかってタワー時に攻めも守りもこなすし、とても優秀。

チーター

なんでよりによってこんなだらしないボディーのチーターをチョイスしてしまったのか…ダリの絵かエジプトの壁画みたいなシルエット。いまだに出てくるたびに笑ってしまう。軽いしよく引っかかる。

ライオン(メス)

チーターとコメントがかぶるけど、もっときれいなシルエットの画像はなかったのか…しかし、最近忘れかけていたDTBの醍醐味のひとつ、どうぶつが出てくるだけで笑えるというシュールさを味わうのにちょうどいい。オスよりは扱いやすく、今までの動物で例えるなら、サイとかカバ。見た目はめっちゃ面白い。

スポンサーリンク

ライオン(オス)

頭がすごい重い。0で落としても前にふらふら揺れる。たてがみそんなに重いのか…オス・メス共にしっぽ判定も忘れてはいけない。お尻のあたりがスリップしやすい。カメラ目線なのでやたらと目が合う。

ウシ

例えるなら、シマウマとか馬みたいな性能。滑り止め機能がついている。さばきやすい。四角い。

ゴリラ

サイズに反して重い。2回ほど置き場をミスって負けたのでゴリラが出たら緊張する。遠目から見たらいびつなおにぎりにしか見えない。鍛え上げた己の左腕見せつけてくる。出てくるたび笑う。

メガネグマ

初見で過呼吸寸前まで笑った。ウシより四角い。土台になるし、ちょろっと伸びた前足も引っかかりになるしで優秀。重心は体のやや後ろ、飛び出たおてては崖の外においても大丈夫。かわいいけど、気が散るからあまり見つめないでほしい。。。

アフリカゾウ

従来のゾウより角ばっている。しっぽ判定を忘れていはいけない。重い。従来のゾウと違って背中が平たくないので0置き強し、未だに重心がよくわからない。

キリン

ゾウ同様、追加版のキリンは角ばっている。木でできたピンチみたい。相も変わらずシーソー要員である。

どうぶつタワーバトルアップデート版でバトルしてみて思ったこと

まさかこんなハチャメチャに新どうぶつたちが押し寄せてくるとは思わなかった。めっちゃ笑える。あと新どうぶつたちはトリミングが綺麗なのでスキマがかみ合いやすい。しかしながら私だけでなく、重心がみんなまだ掴めていないのかバトルは決着が早めな印象…これからもDTBを楽しめそうですね!

重心などわかりましたらまた追加していきたいと思います。





スポンサーリンク