花粉症に効果アリの食べ物はコレ!対花粉症最強フルーツ「じゃばら」を試してみて!

季節の変わり目に入るとくしゃみや鼻水、鼻詰まりといった花粉症に悩まされている方も多いでしょう。そこで一度試してほしいのが今回紹介する邪払です。

和歌山県の紀伊半島に位置する、人口約460人の北山村をご存知でしょうか?なんと北山村には花粉症に効くとされる「幻の柑橘類」があります。どういった果物かというと、柚子と九年母(くねんぼ)と呼ばれる紀州みかんの自然交配種になります。地元では果汁を絞って料理や刺身などにも使用され、メディアでもよく取り上げられている食べ物です。

スポンサーリンク

花粉症に効く食べ物!じゃばらの効果6つ!

参照:http://kankou.vill.kitayama.wakayama.jp/

邪払の由来は、邪気を払うほどの酸っぱさがあることから名付けられたと言われています。直径約7~8cm程の果実で種はなく風味としては柚子よりも更に酸味があり、柑橘類特有の強い香りとほんのりとした苦味が特徴です。邪払は北山村が保有している登録商標です。主な効果としていくつかありますが、よく知られているのは下記のようなアレルギー症状を緩和してくれる作用です。

・花粉症
・鼻炎
・アトピー
・気管支喘息
・疲労回復
・風邪予防

スポンサーリンク

 じゃばら商品の中でも花粉症に効果があることでヒットしているのが、じゃばら飴です。独特の酸味があると言われている邪払ですが、じゃばら飴は程よい甘さでオススメです。 色々なメーカーから販売されていて、お土産としても喜ばれネット通販だと手軽に購入ができます。

じゃばらが花粉症に効果があるのは「ナリルチン」のおかげ?!

 邪払の効能・効果の中には、果汁に含まれる抗酸化作用のあるフラボノイド成分のナリルチンが、花粉症アレルギーの原因ともなるヒスタミンやロイコトリエンの働きを抑制する役割があります。 有効成分ナリルチンは果肉以上に果皮に多く含まれています。それを凝縮し飲みやすくした物がサプリとしても販売されています。「花粉症状に十分効果が得られ改善された」という口コミも多く評判となっています。

健康にも良く、圧倒的にナリルチンの成分が多く含有されている柑橘類が邪払です。つらい花粉シーズンを乗り切るには花粉症対策を取り入れざるを得ません。ナリルチンはアレルギー症状を緩和してくれるので邪払には、とても効果が期待できますよ。花粉症状から開放されたいとお困りで、薬を使わずに花粉症の症状を抑え体質改善を図りたいと考えている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク