手作りガトーショコラの賞味期限はいつどのくらい?長持ちさせる方法は?

小さなお子様がいる家庭やバレンタインなど手作りでスイーツを作り機会は皆さんあると思います。すぐに全部食べてしまうなら何の問題もありませんが、人にプレゼントしたりする場合、気になるものが・・・。そう、賞味期限!

そもそも賞味期限って何の期限?って思われる方もいるはず。賞味期限というものは、簡単に言えば「美味しく食べることができる期限」なんです。それを踏まえ、今回は手作りのガトーショコラの賞味期限はどのくらいなのか?保存方法は常温でいいのかそれとも冷蔵?はたまた冷凍?そしてさらに長持ちさせる方法はあるのかどうかを探っていきたいと思います!!

スポンサーリンク

手作りガトーショコラの賞味期限はズバリこのくらい!

実は、ガトーショコラは作ったその日よりも一日寝かせておいた方がしっとりとして美味しいんです。それを頭に入れて、、、ガトーショコラの賞味期限はズバリ4日ぐらいが目安になります。

4日ということは、2日目が美味しくなるガトーショコラ、となると美味しくいただくことを考えて実際は3日が賞味期限になりますね。あくまで2日目がしっとり美味しくいただける!ということなので、もちろんその日に食べて残りを冷蔵庫に保管しても何の問題もありませんし、ちゃんと冷やしてやればOKです!

どうせなら一番おいしい時に食べたいし、食べて欲しいと思うのは当たり前。その2日目を美味しくいただくために、必ずやって欲しいことがあります。それは、ガトーショコラが焼き上がった後、粗熱をしっかり取ってからラップに結露が付かないように(ラップとの間にキッチンペーパーなどを挟むなどしてから)しっかり密閉するようにラップをします。そして、できれば一晩冷蔵庫に保存してください。そうすることで乾燥を防ぎ、固くなくしっとりとしたガトーショコラを楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

日が経つごとに水分が抜け固くなってきますので、大人数で食べる場合やたくさんの人にプレゼントする場合を除いて基本的には作り置きはおすすめできません。

作った時に余裕があれば、溶かしたチョコレートでホールのままのガトーショコラをコーティングしてあげるのもおすすめします。そうすることで乾燥を防ぐ効果もあり、また、見た目も豪華になります!ぜひ一度お試しください!!

手作りガトーショコラの賞味期限を長持ちさせるにはどうしたらいい?

ガトーショコラを長く美味しく楽しみたい人は多いはず。ガトーショコラの賞味期限を延ばす方法はあるのでしょうか?

基本的には先ほど言った粗熱をとりラップをしっかりして冷蔵保存が好ましいと思います。 通常より長持ちさせようとお考えであれば、冷凍保存も可能です。冷凍する前に1個ずつカットしてしっかりとラップに包むか、密閉容器に入れて冷凍しましょう!そうすれば2週間~1か月の保存が可能となります。 

食べる時注意したいのが、レンジで解凍すると解凍ムラが出て風味も損なわれてしまいますので極力レンジではなく、少し時間はかかりますが自然解凍か冷蔵解凍(冷蔵庫で解凍する)がいいと思います。食べる前日の夜にでも冷蔵庫に移してやれば4~6時間で解凍できるので翌日にいただくことができます!

手作りガトーショコラの賞味期限はいつどのくらい?長持ちさせる方法まとめ

せっかく作ったケーキはやっぱり最後まで美味しく食べたいですよね!「面倒だなー」と思っても出来るだけ作り置きせずに、2~3日で食べきれる量で作るのがいいでしょう!

そして、作る→保存→食べるまでの工程をしっかり押さえていれば最後まで美味しくいただけますのでしっかりと守って楽しく美味しいおやつタイムを過ごしてください!

スポンサーリンク