4月(卯月)に使える!時候の挨拶の意味と使い方のまとめ

4月に入ると暖かくなってきて桜の時期に入ります。

季節の変わり目でもあり、お世話になっている方などにお手紙を書く機会が多いのではないでしょうか?

そこで、いざ手紙を出す時、「4月(卯月)の時候の挨拶の書き出しはどのようにすればいいの?」などを解決できるように、今回は4月の時候の挨拶の疑問についてのお話しさせて頂きます。

スポンサーリンク

四月の時候の挨拶・暖かい・うららかな季節を表す言葉と意味

4月は3月の肌寒い時期から少しずつ暖かくなってくる頃ですね。また、4月の時候の挨拶は時期に応じて季語が変わってきます。

では、時候の挨拶とは?」「4月(時期別)の季語」「季語を使った書き出しとその意味などをご紹介させていただきます。

時候の挨拶とは?

時候の挨拶とは、手紙などの挨拶文のことで最初に季語を含めて書いた文章になります。拝啓の後に「〇〇の候」や「暑中お見舞い申し上げます」などの文章がそれにあたります。

寒い季節や暑い季節など、相手の健康を気遣う文章になるので、挨拶文には欠かせない文章になります。次は「うららか」の意味を説明します。

4月の時候の挨拶の季語

4月の時候の挨拶の季語には様々なものがあります。

春暖、春晩、春日、春風、春和、春粧、春眠、春爛漫、陽春、麗春、暮春、惜春、仲春、桜花、清和、温暖、春風駘蕩、桜花爛漫、花冷え

とあり、季語の後に「~の候」「~のみぎり」「~の折」と続きます。

うららかなの意味とは?

うららかな季節という言葉はみなさんも知っていると思いますが、はたして意味は何でしょうか?

うららか」は漢字で「麗らか」と書きます。意味は「空が晴れ渡り、日差しが柔らかく照り、のどかな様子の事」を、表す意味があります。

うららかに春を付けたすと、童謡にも流れてくる「春うらら」と同じ意味になります。

4月の二十四節気の変わり目は?

  • 春分(しゅんぶん):3月21日頃から4月4日頃(上旬)
  • 清明(せいめい):4月5日頃から4月19日頃(中旬)
  • 穀雨(こくう):4月20日頃から5月5日頃(下旬)

手紙の送付日によって使い分けが必要になってきますので、時候の挨拶を書く時は注意しましょう。

暖かい・うららかな季節を表す言葉(書き出し文)と意味

ここからは、4月という時期は暖かくなってくる頃ということで、暖かい・うららかな季節を表すような言葉(書き出し文)と意味などを、二十四節気に分けて何点かご紹介させていただきます。

▲春分(上旬)の書き出し文の例と意味

  • 春分の候:今年もいよいよ春分を迎え…
  • 春暖の候:春の暖かさを感じる今日この頃…
  • 春陽の候:春の日差しを感じるこの頃…
  • 春光の候:春の日差しが差し込む…

▲清明(中旬)の書き出し文の例と意味

  • 桜花の候:春らしい暖かさに近づく季節…
  • 春和の候:晴れて暖かく過ごしやすい…
  • 春風駘蕩の候:暖かい風がこの春に心地よく吹く…
  • 桜端の候:桜の花が咲き乱れる今日この頃…

▲穀雨(下旬)の書き出し文の例と意味

スポンサーリンク
  • 晩春の候:春もいよいよ終盤に…
  • 穀雨の候:豊作をもたらすような雨の時期…
  • 新緑の候:葉が生い茂り始める頃…
  • 若葉の候:若葉が生い茂る頃…

この様に「春分」・「清明」・「穀雨」に分けて、暖かい・うららかな季節を表す言葉(書き出し文)と意味をご紹介させていただきました。ぜひ参考にして頂ければと思います。

四月の時候の挨拶・あいにくの雨・肌寒い日の言葉と意味

4月とはいえ寒い時もあります。また、季節の変わり目もあり急な雨が降るような不安定な日もあります。

今までは基本の4月の時候の挨拶の書き出しや意味をお伝えしましたが、ここからは、雨の時や肌寒い日で使える時候の挨拶の一部をご紹介させていただきたいと思います。

あいにくの雨の文の「あいにく」と意味についてもお話させていただきます。

あいにくの雨の「あいにく」とは?

あいにくの雨」の「あいにく」とは漢字でかくと「生憎」と書きます。「あいにく」は「あやにく」という日本語の古い言葉が語源とされています。

あやにく」の「あや」は「ああ」「あら」などの気持ちの高ぶりを表現した感嘆詞が転じたものだそうです。「にく」は文字の通り「憎い」という意味になります。

よって「あいにくの雨」とは「雨が憎い」ということになり、「せっかくお出かけや行事などがあるのに雨なので残念」などといったような意味になります。

肌寒い時に使える時候の挨拶

4月は桜が咲きますが、上旬の間は肌寒い日もあります。そして、肌寒い時の季語としてあげられるのは「花冷え」です。

また、「花冷え」の花は「」のことです。「花冷えの候」が使える時期は3月下旬頃から4月上旬頃までです。

花冷えの候の文例と意味

花冷えの候:桜も咲き春になりましたが、まだ寒い日もありますね…。といった意味になります。

花冷えの候を使った文例

「花冷えの候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」…個人宛など。

「花冷えの候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」…会社など。

雨の降るときに使える時候の挨拶

4月は桜の花びらがちる頃には天候不順で雨も降ることもあります。ここからは雨が多い時に使える時候の挨拶をご紹介させ頂ききます。

▲雨で使える時候の挨拶の文例

  • 春雨が音もなく降り続いております。
  • 陽春の候 春雨に野山の草木もすっかり…。
  • はや穀雨の季節を迎え、今日は静かな午後の雨が降りそそいでおります。
  • しめやかな雨に、川辺の柳の緑もかすんで見える静かな春の午後となりました。

などといったところでしょうか。いざ考えるとなると、なかなか難しいですよね。

4月(卯月)に使える!時候の挨拶の意味と使い方のまとめ

いかがでしたか?
いざ、時候の挨拶の文を考えるとなると、どのように書いたら良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。

ぜひ、この記事を読んで頂いて、急に考えなくてはならない時などでもお役に立てたらと思います。

ありがとうございました。

スポンサーリンク