防災リュックの中身!100円均一で買っておいた方がいいものまとめリスト

人類がいかにしても、どうあがとうと勝てないものの一つに、「災害」があります。
昔の人は怖いものを並べてこう言っておられました。「地震・雷・火事・オヤジ」と。
地震や雷なんて防ぎようがないですし、予知したところでもう手遅れ。

ならばやることは一つ!
事前に対策、準備をできるだけしておくことです。ようするに「防災」です!

「でも、防災グッズって高い!」「防災しといて本当に地震とか来るとは限らないし」と思っている方もおられると思いますが、用意にこしたことはありません!それに高価で本格的な防災グッズなど必要なし!防災グッズなど、近くの100円ショップ(以後100均と略称)で十分!実際のサバイバルを想定したかのようなグッズは確かに高価です。しかし、我々、人類の技術も進歩しています。

大地震や大津波が突然きても、ある程度のシチュエーションが出来ています。そして、自衛隊、消防隊、レスキューの人たちも、一般市民を守るため日々頑張ってくれています。我々は、自分達でできることをしておきましょう。

そこでの防災グッズというわけです!
それでは、比較的安価で買える防災グッズを見ていきましょう。

スポンサーリンク

防災リュックの中身に必要な物!季節別リスト

水や食料、懐中電灯などは常時持っておきたいものですが、季節が変わると必要なものや不必要なものが出てきます。それでは季節ごとに見ていきましょう。

春&夏の防災リュックの中身に入れたいもの

水・経口補水液
夏に怖いのが脱水症状、やはり水はどの季節よりも多めに用意しておきたい必需品。特に、後者は栄養が含まれているお水で普段飲んでも美味しくないので、防災にとっておきたいもの。

蚊取り線香などの防虫グッズ
夏といったら虫が出てきますので、是非とも持っておきたいところ。特に、蚊は寝てるときに耳元でプーンプーンされると苛立って眠れなくなり、余計なエネルギーを使ってしまいます。

着替え(下着中心)
暑さで汗を大量にかくので着替えは多めに持っておきましょう。特に下着は汗を直接吸うので大事です。防災用なのでデザインやオシャレよりは機能性を重視しましょう。

帽子
夏の直射日光を避けるためにも帽子は持っておきたいです。麦わら帽子のように風通しのいいものならよりグッド!

塩アメ
汗をかいて塩分が不足しちゃいます。災害時は待つことが多いので口の中で、コロコロ転がして舐めているだけでも気がまぎれます。ついでに糖分も補給できます。塩レモンだと唾液も分泌しやすくなるのでよりいいです。

ひんやりグッズ
熱さまシートや氷枕など、とりあえず夏は冷えるものが欲しいです。扇子や折りたためる団扇は場所をとらないので、最低一つは入れておきたいですね。

ドライシャンプー
貴重な水を使わないためにドライシャンプーという、水を使わないシャンプーがあります。そもそも、頭を洗う余裕があるかはわかりませんが。

秋&冬の防災リュックの中身に入れたいもの

簡易寝袋
冬は寝る時がまぁ寒いのなんの。ですので、できるだけかさばらない、簡易の寝袋を用意しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

防寒ブランケット
防災用のブランケットは熱を逃しにくいアルミでできている、アルミシートというものがあります。これは下手すると毛布よりも暖かいという優れもの。

カイロ
防災に限らず、冬の必需品ですね。手で握ってるだけで安心感が溢れてきます。

厚手の手袋&靴下
手足の冷えは全身の冷えに繋がります。それを防ぐためにも手袋と靴下を用意しておきましょう。万が一、濡れてしまった時の事を考えて予備を数着用意しておくと、さらに良いです。

インスタント食品
体外の次は体内を温めましょう。そのためには暖かい食べ物が必需品。シンプルな味付けのスープ、ラーメン、具だくさん味噌汁など。

クイックコンロ
上記の暖かい食べ物を食すのに必要です。ガスではなく固形燃料ですので爆発の心配はございません。ただし鍋が必要です。

モーリアンヒートパック加熱袋
水があればあらゆるものを温められる万能な袋。

防災リュックの中身を100均で買うメリット!おすすめ品リスト!

ネットなどで防災グッズを買うとなると、やはりまとめてこのお値段!という風に全てがまとまっているんです。パッと見は「あらお得!」ですが、どれも本当に必要なのかわからないものばかり。

それよりも、もっと自分に必要なものを吟味して買うことに意味があります。100均は安価ですし。まとめ売りの防災グッズの10倍はお得な物を買えるのではないでしょうか。

100均で買っておくべき防災アイテムおすすめ品

・LEDの懐中電灯
・ホイッスル
・レインコート
・インスタント
・レトルト食品
・サランラップ
・お菓子類(板チョコ、塩アメなど せんべいは喉が渇くのでNG)
・赤ちゃんのお尻ふき
・マスク
・マジック

災害時は質より量!日用消耗品はたくさん量が入っているものをチョイスしましょう

防災アイテム~100円で買うのはやめた方がいいものリスト

・毛布×
簡易のアルミブランケットの方が暖かく、荷物にならないのでこっちの方が良いでしょう。

・ロープ・ビニールの紐×
高所から消防士のように降りて避難は…危険すぎます。荷物をまとめる。とりあえず物を縛っておくには良いでしょうが、こちらはメーカー品がお勧めです。

・チャッカマン×
100均で買うには当たり外れが大きいので、こちらはメーカー品の方がいいでしょう。

・電池×
メーカー品の方が安全で持ちがいいです。スマホの充電器に使うくらいならいいですが、それ以外だと活躍の機会が少ないです。

・コンパス×
方位磁石の方ですね。こちらもすぐ壊れるという情報がありますので、メーカー品を買っておいた方が無難です。

・保存水×
生きるために欠かせない水。普通のものは賞味期限が約2年のため、マメに買い換えることが必要なので、忘れがちになる方にはお勧めできません。長期保存水というミネラル分を除去してあるものがオススメ!これだと賞味期限が約3年と長いんです。

防災リュックの中身!100円均一で買っておいた方がいいものまとめリストまとめ

いかがでしたか?

他にも百均だけじゃ買い揃えられない汚い水でも浄水して、飲めるストローや簡易トイレなどがありますが。簡易トイレならば段ボールとゴミ袋でも代理にはなります。臭いが気になるというなら、ペットの猫用のトイレ砂を買うと良いでしょう。

備えあれば憂いなし!
最低限なものだけでも用意しておくことをおすすめします!れでは良い防災ライフを(/・ω・)/

スポンサーリンク