ゴキブリ対策に効果テキメン!ハッカ油の作り方と散布の仕方!

暖かくなると主婦の敵「ゴキブリ」が活躍しはじめます。ゴキブリは本当にしぶとくて、退治しても退治しても、またどこからか飛んで来ることもあるので毎年悩まされますが、何とか根絶したいものです。

そこで小さいお子さんがいても安心して使えるゴキブリ駆除方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ゴキブリ対策にハッカ油がおすすめ!材料と作り方!

ゴキブリ駆除には市販の殺虫剤やホウ酸団子などがありますが、小さいお子さんやペットがいると使いにくいのが欠点です。

そこで天然素材のハッカ油を使ったゴキブリ駆除対策が注目されています。 ゴキブリはハッカ油の臭いが嫌いのでハッカ油をスプレーボトルに入れて、部屋にまくと寄り付かなくなります。 

作り方は簡単です。

100mlにつき
ハッカ油 20滴(約1ml)
無水エタノール 10㏄
精製水 90㏄

エタノールはポリスチレンを溶かす性質があるので、スプレーボトルはポリプロピレン製かアルコール対応のものを用意します。

①ボトルに無水エタノールを10㏄入れ、ハッカ油を20滴たらして念入りに混ぜます。
②次に精製水90㏄を加えてしっかり混ぜ合わせれば出来上がりです。

スポンサーリンク

ゴキブリ対策にハッカ油をまくのは家具のスキマ!網戸など!

出来上がったハッカ油スプレーをゴキブリがよく出る台所のコンロまわりやごみ箱、また家具のスキマ、エアコンなどに吹きかけておくとゴキブリが近寄りません。網戸はポリスチレン製品ではないことを確かめてから使ってください。効果は長続きしないのでまめにスプレーすることが大切です。

より効果を持続させるにはお茶パックに重曹大さじ2とハッカ油2~3滴を混ぜたものを入れて小皿にのせ、ゴキブリが通りそうなところに置くと良いでしょう。

ハッカ油が渇いて臭いがなくなったらまたスポイトでハッカ油を足せば長く使えます。ハッカ油はゴキブリを寄せつけない効果があるので、他の殺虫剤と違い、ゴキブリの死骸が床に落ちているといったこともないので安全で衛生的です。
ですから小さいお子さんがいても安心して使えるのが嬉しいところです。

ハッカ油は万能だけれどペットには注意してあげて!

人体にはやさしくゴキブリ駆除効果抜群のハッカ油ですが、ペットには注意が必要です。

 猫はハッカ油を解毒分解できず、間違ってなめてしまうと肝機能障害を起こす可能性があるからです。犬もハッカ油の臭いは苦手のようですからペットのいるご家庭ではくれぐれも注意してください。 

ゴキブリ対策に効果テキメン!ハッカ油の作り方と散布の仕方まとめ

毎年悩まされるゴキブリ駆除にはハッカ油が効果的です。

スプレーにして部屋の要所にまいたり、重曹にしみ込ませてお皿にのせて置いたりするとゴキブリを寄せ付けません。ペットのいる家に向きませんが、小さなお子さんのいる家でも使えるのでぜひお試しください。

今年の夏はハッカ油でゴキブリとは決別したいものですね。

スポンサーリンク