五月(皐月)に使える!時候の挨拶の意味と使い方・手紙におすすめの色・モチーフ

最近は電話やメールでやり取りをすることが多くなりましたが、手書きの手紙をいただくのは嬉しいものです。

ちょっと改まった時候の挨拶なども入れて、気の利いた手紙が書けたら、受け取る人にも喜ばれるでしょう。季節にふさわしい色や絵なども取り入れて五月にぴったりの手紙の書き方の例をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

五月の時候の挨拶・初夏・さわやかな季節を表す言葉と意味

最近はあまり堅苦しく考えない人も増えていますが、手紙を書くときは時候の挨拶に安否を尋ねる挨拶をつなげて書くのが一般的です。そこで、五月の時候の挨拶の例をご紹介します。

改まった手紙を書くときには

新緑、薫風、晩春、青葉、立夏、などを使います。いずれも初夏のさわやかさを感じさせる表現ですね。また「~の候」「~のみぎり」「~の折」のいずれかをつけて、「新緑の候」、「薫風のみぎり」、「晩春の折」のように書きます。

「風薫るさわやかな季節」
「緑も深い青葉の今日此の頃」
「五月晴れの好季節」 

のように少しやわらかい表現もいいでしょう。
時候の挨拶と安否の挨拶をつなげるとこんな風になります。

新緑の候、貴社におかれましてはますますのご清栄のこととお慶び申し上げます。

風薫るさわやかな季節、皆様におかれましては、なお一層のご活躍のことと拝察いたしております。

親しい人への手紙を書くときには

もう少しく親しみやすい表現がいいでしょう

スポンサーリンク

「若葉の萌える好季節となりました」
「皐月の花が咲き誇り」
「行く春が惜しまれる今日この頃」

など季節の移り変わりに注目した言い方なら好感を持たれるでしょう。
安否の挨拶をつなげてみましょう。

若葉の萌える好季節となりました。皆さんお元気でいらっしゃいますか

皐月の花が咲き誇り、日中は汗ばむ季節となりました。皆さんお変りございませんか。

あまり堅苦しく考えずに、自宅に咲く花や木々の伸びていく様子などを思い浮かべながら季節を感じさせる素朴な言い回しができれば十分ではないでしょうか。

五月のお手紙におススメの色とモチーフ・お花など!

ビジネスや目上の人あての手紙は白い便箋と封筒が基本です。

年配者や特に尊敬する人へ書くときには上質のものを使いたいですね。

親しい人ならば、水色やうすい緑色などの便箋や、鯉のぼり、わかば、あやめなどの絵柄も好感が持てます。

絵手紙が得意な人ならば、季節にちなんだ皐月やシャクヤクなどの花の絵などを描き入れるならばさらに喜ばれるに違いありません。

五月(皐月)に使える!時候の挨拶の意味と使い方・手紙におすすめの色・モチーフまとめ

改まった手紙を書くときには時候の挨拶と安否の挨拶をつなげて書くのが良いでしょう。
親しい人への手紙の場合にはそれほど形式にとらわれる必要はありませんが、やはり季節について目に付くことを素直な気持ちで表現できればいいのではないでしょうか。また便箋も季節にあった色や絵柄があるともらった人も喜ぶでしょう。

出すのも受け取るのも嬉しくなるような手紙を書きたいものですね。

スポンサーリンク