6月(水無月)に使える!時候の挨拶の意味と使い方・手紙におすすめの色・モチーフ

あいさつ文を書くことになり、6月の時効の挨拶の意味や使い方が分からないという場合があります。

6月に手紙を書く場合どのような言葉を使い書いていったら良いのでしょうか。また、手紙におススメの色やモチーフについても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

6月の時効の挨拶・雨・梅雨の時期を表す言葉と意味

時候の挨拶とは、季節の移り変わりを現す挨拶の意味と、相手を気遣う意味があり季節によって変化します。

6月は「水無月」と呼ばれ、梅雨で雨が多いことから水の月という意味で、「無(な)」は「の」の意味を表しているという説、梅雨が明けて水が涸れなくなる、田植えが終わり田んぼに水を張る月といった事から水無月になったなどの多くの説があります。

6月は、衣替え・芒種(ぼうしゅ)・入梅といった行事があります。芒種とは麦や稲などの植物の種をまく事を言い、入梅は梅雨入りを現しています。梅雨という言葉は、梅の実が熟す時期の雨ということで、「つゆ」「ばいう」という読み方があります。

このような事から、6月の時効の挨拶に使われる言葉として、衣替え・芒種・入梅・梅雨・梅雨寒・梅雨空などが上げられます。

季節の言葉に「~の候」を付けると時候の挨拶になります。その他、「~のみぎり」「~の折」を付けても同じように使う事ができます。

例えば、「拝啓 入梅の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」といった時候の挨拶の文章になります。

スポンサーリンク

6月のお手紙におススメの色とモチーフ・お花など!

 

 6月の季語には、紫陽花・クチナシ・ムラサキツユクサ・キキョウ・蛍・和菓子があります。 

蛍は、湿度の高い梅雨の時期から初夏の時期にみられます。和菓子というのは、6月30日に頂く夏越祓のお菓子で、1年の半分の罪やけがれを祓い清め無病息災を祈願する京都の行事で頂く、三角で厄除けの意味のある小豆乗ったものです。現在では様々な種類の物があるようです。

このようなことから、6月のお手紙のオススメのモチーフは、紫陽花・クチナシ・ムラサキツユクサ・キキョウ・蛍・和菓子の他に、雨に関係するもの・雨をイメージさせるものなどが上げられます。

オススメの色は、お花のイメージに合わせ紫・ピンク・水色などが上げられます。

6月(水無月)に使える!時候の挨拶の意味と使い方・手紙におすすめの色・モチーフまとめ

6月に使われる言葉として、衣替え・芒種・入梅・梅雨・梅雨寒・梅雨空などが上げられます。

季節の言葉に「~の候」「~のみぎり」「~の折」を付けると時候の挨拶になります。

6月のお手紙のオススメのモチーフは、紫陽花・クチナシ・ムラサキツユクサ・キキョウ・蛍・和菓子、雨に関係するもの・雨をイメージさせるもの、お花のイメージに合わせ紫・ピンク・水色などの色を使うと良いでしょう。

季節の言葉を使い、相手のことを思いお手紙を書いてみましょう。

スポンサーリンク