気温15度赤ちゃんにどんな服装をさせたらいい?室内・屋外・裏ワザまとめ!

気温が15度の時、赤ちゃんがする服装って具体的に分かりますか?
実際、赤ちゃんは大人と違って独自の体温と保温力がありますので、服装選びは慎重にならなければいけません。

そこで今回は・・・赤ちゃんが15度を快適に保温できるための服装選びについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

15℃の時の赤ちゃんの服装!室内で快適に過ごせる服装・肌着の組み合わせ!

まだ赤ちゃんなので、もちろん自ら「暑い!」「寒い!」の意思表示ができません。実際、気をつけてあげてほしいところが沢山ありますのでご紹介します。

暑いのか寒いのかを見極める方法としては、赤ちゃんのお腹と背中を触ってみて下さい。ひんやりしているようならば+1枚、汗ばんでいるようならば-1枚がGOOD!

春や秋の気温が15度程度なので、外気で言えば少しひんやりしているくらいでしょうか。室内ではおおよその目安で言うと、肌着と上着2枚を着せてあげて様子を見ると良いです。

15度はエアコンなどの冷暖房器具は基本的に使用しない気温なので、他の要因はあまり考える必要がありません。ですので、一度は身体を触って確認対応してあげるようにすればいいでしょう。

15℃の時の赤ちゃんの服装!室外・屋外で快適に過ごせる服装・肌着の組み合わせ!

室内は先ほど紹介した通りですが、では室外ではどうでしょうか?

室外のときのポイントとしては、脱ぎ着しやすいかどうかです。上に羽織らせられるようなものを持っておくのがポイントです。羽織りものは薄手の物と防寒のかねた厚手の物それぞれ用意してあるとさらに安心です。

揃えておきたいアイテムと枚数は、

  • 短肌着 3~5枚
  • コンビ肌着 3~5枚
  • 長袖カバーオールor2長袖ウェイオールor長袖ロンパース 3~5枚
  • ベスト 1枚
  • 薄手のはおりもの 1枚
  • アウター 1枚
  • 帽子 1個
  • 靴下 1~2足

となります。

スポンサーリンク

15度の時の赤ちゃんの服装!外出時持っておくと便利な裏ワザグッズ!

体温チェックのときは、手足よりお腹と背中で確認して下さい。

産院の指導で「赤ちゃんは薄着が基本!」と普段は薄着で過ごさせていたのに、子育て経験者に「そんなことはないわよ」なんて、指摘されてしまい、心配になってしまった新米ママさんもいらっしゃるようです。結局、手持ちの育児書ではラチがあかず、図書館で別の育児書で徹底的に調べ、室温23度前後なら靴下は必要ないと納得したりとなかなか大変。

実際のところ、赤ちゃんは手足で体温調節をしています。

室内では、よほど寒くない限りは素足で過ごさせるようにしましょう。ポイントしては、手足は冷たくても大丈夫ですが、お腹や背中の体幹を冷やすことが絶対NGなので気をつけてあげましょう。

 ベストとレッグウォーマーがアイテムとしてはかなり便利です。寒暖の差が激しい日などは外側に着せている服で調整して下さい。ポイントとしては、中に着せているものではなく、外に着せているもので調節できるように工夫すると、外出時も調節できて安心です。 

あとは、 新生児~生後1ヶ月頃のまだアウターを着せるのが難しい場合は、バスタオルのおくるみやブランケットが便利です。抱っこ紐(横抱き)、ベビーカー、車(チャイルドシート)などのときは、上からバスタオルやブランケット等をかけてあげると良いですね。 

寒いときは、赤ちゃんに厚着させたくなるかもしれませんが、着すぎると冬でもあせもができてしまうのでかなり要注意です。赤ちゃんの背中に手を入れてみて、熱がこもっていたり汗をかいていたりしたら、衣服の枚数を冬でも減らしてあげてください。

冬場でも、室内であれば、基本的に靴下は履かせる必要はありません。

足がひんやりしていても、体が温かければ心配しなくても大丈夫です。お出かけの時にのみ、靴下は身につけるようにしてあげれば良いでしょう。では暑いとき、気温25度以上の場合ならどうでしょうか。基本的に日中などとても暑い時間帯については、半袖にしてあげるといいでしょう。

ただし、朝や深夜など気温が著しく下がる時にエアコンなどを付けていたりするのならば、寝るときだけでも薄手の長袖長ズボンがいいかもしれませんね。あせも対策は絶対しないといけないので、厚着させ過ぎにだけはくれぐれも注意して下さいね。

衣服対策のほか、あと重要になってくるのが冷暖房です。

 赤ちゃんが快適に過ごすには、服装だけでなく室温が大切になってきます。夏のエアコン設定温度は、少し高いと感じるかもしれませんが26~28度を心がけましょう。 

冬なら20度前後、もし、帰宅時や早朝など室内が冷えきっていて寒いと感じる場合、いったん暖房温度を26度くらいまで上げて、部屋が温まってから20度前後に下げ、一定温度を保つと良いでしょう。暖房に頼りすぎず、できればお布団で調節を。その際、羽毛布団は暖かくておすすめです。なお、加湿も忘れないでくださいね。

気温15度赤ちゃんにどんな服装をさせたらいい?室内・屋外・裏ワザまとめ

いかがでしたでしょうか?
赤ちゃんの体温調節はまだまだ未発達なので、周囲が十分に気をつけてあげる必要があります。赤ちゃんが自分で体温調節できるようになるまでは、しっかりと配慮してあげましょう。

スポンサーリンク