春先の冷え性の原因は寒暖差による自律神経の乱れ?どうやって治すの?対策・対処方法

春になってやっと暖かくなったので、厚いコートも脱いで思いっきりおしゃれを楽しめそうとウキウキ。ところが春物のお洋服を着て出かけてはみたものの、なんだか寒くて、体が冷えているみたい、手足は冷たいし、ちょっとだるい気もする、そんな経験をしたことはありませんか。

それはもしかしたらいわゆる春バテの一つで、春の気温の寒暖の差が激しいために自律神経が乱れたためかもしれません。どうやら冷え性は冬にだけ起こるものではないようです。ここで春先の冷え性の原因と対処法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

春先の冷え性の原因は寒暖差?いわゆる春バテになってはいませんか?

春先の冷えはいわゆる春バテの一つの症状のようです。春バテはやはり自律神経の乱れが原因で、眠い、イライラ、冷え、肩こり、だるさ、不眠感などの症状が表れます。春バテ、特に冷えの原因はいくつかあります。

寒暖の差

日中は暖かく、夜は冷え込む日が多く寒暖の差が10度以上になることもよくあるので、自律神経が乱れる危険があります。自律神経の乱れは冷え性の原因になります。

生活習慣の変化

日中暖かいので薄着で出かけてしまいがちですが、夜には冷え込み体調を崩すこともあります。また湯船につからずにシャワーだけで済ますことが多くなると体が温まらずやはり冷えにつながります。

食事内容の変化

春だからと冷たい飲み物を飲みたくなりますが、あまり冷たいものを飲むと体が冷えて、内臓も弱って体調を崩す原因になります。

ストレス

生活の変化によるストレスも自律神経の乱れの原因になります。

スポンサーリンク

春先の冷え性の原因をおさえて正しく対処・対策するには?

 春先の冷え性対策には、何よりも体を温めることが第一です。 お風呂に入るのは手っ取り早い方法ですが、お風呂の入り方は「烏の行水」ではなく、39度~40度ぐらいのお湯にゆっくりつかるのが効果的です。

すぐにお風呂に入ることが出来ない場合には蒸しタオルで目元や首を温めるだけでも随分楽になります。外出するときには、上着やスカーフなどで体温調節をして体を冷やさない工夫も必要です、オフィスでは下半身が冷えないように靴下の重ね履きや、ひざ掛けをかけることもいいですね。

 食事もできるだけ暖かいものを食べ、温かい飲み物を飲むように気を付けることによって体を温めることができます。 また冷えの原因である自律神経の乱れを防ぐには、深呼吸は効果があります。一日に数回深呼吸をすれば自律神経が刺激されて血流が促進されるので冷え解消になるのです。

 軽めの運動をすることも有効です。 体の筋肉を動かすことによって血行は良くなり、体は温まり、ストレス解消にもなります。

春先の冷え性の原因は寒暖差による自律神経の乱れ?どうやって治すの?対策まとめ

冷え性は冬場だけのものではありません。春の気温の寒暖の差が大きいときにも自律神経が乱れるために冷え性になりやすいので、お風呂にゆっくりつかり、適切な衣類を選んで保温し、暖かいものを食べ、深呼吸や運動を心掛けて、冷えとは決別して快適な春を満喫したいものですね。

こちらもおすすめ↓

ココアが冷え性改善に効果あるって知ってた?おススメの飲み方!

生姜で体が温まる理由は?温活中の人必見!生姜のポカポカパワーとは?

足先が冷たい!汗で靴下も無意味?つま先ポカポカ改善・対処方法!

エコカイロの作り方!繰り返し使える冬のおともを自分で作ろう!

スポンサーリンク