電話番号変えたのに固定電話に非通知のワンギリがかかってくる原因とは?対策・対処方法

深夜に非通知でワンギリの電話がかかってきて慌てたことがある人は案外多いようです。特に具合が悪い親戚や家族がいたりすると、「もしや」と思って飛び起きたことがある人もいるでしょう。

あまりに迷惑電話がひどいので電話番号を変え電話帳に名前を載せないようにしても、やっぱりかかってくる非通知ワンギリ電話はいったい何が目的なのでしょうか。その対策や対処法はないものか調べてみました。

スポンサーリンク

電話番号変えたのに固定電話に非通知や迷惑電話がかかってくる原因・理由・目的は?

 深夜のワンギリ電話の原因は業者の調査、ストーカー、いたずらや間違い電話などの可能性があります。 

業者の与信調査

ランダムに電話をかけてつながるか、つながらないかを調査し、電話の持ち主がきちんと電話代を払っているか調べているものです。定期的にワンギリ電話をかけて、その電話がレンタルかどうかも確認するようです。もし電話料金を滞納しているような場合は、持ち主がブラックリストに登録されることも考えられるわけです。

ストーカーやいたずら

この可能性もあります。非通知でも毎日のようにかかってくると不気味で不安になりますが、ストーカーは相手を監視していることを伝えるためにあえて非通知でかけてくる可能性があります。

間違い

これは誰でも失敗することはあるので、やむを得ませんが、繰り返しかかってくることはほとんどないと思われます。

スポンサーリンク

電話番棒変えたのに固定電話に非通知や迷惑電話がかかってくる対策・対処・撃退方法!

こうした不愉快な非通知のワンギリ電話をブロックするためにはNTTのナンバーディスプレーサービスを利用する方法があります。これは電話がかかってくるとかけた人の電話番号か表示されて、出る前に誰からか分かる仕組みです。このナンバーディスプレーサービスに加入し、ナンバー・リクエストサービスを申し込めば非通知電話をNTT側で遮断するので、非通知の着信拒否をしてベルが鳴らないようにすることができます。ナンバーディスプレーサービスは一般の住宅用で1か月に400円程料金がかかりますが、深夜に飛び起きることを考えるとそれほど大きな負担ではないと思います。

 非通知ではない迷惑電話やいたずら電話の場合は、やはりナンバーディスプレーを使って怪しい電話には出ない、また繰り返しかかってくる電話番号を迷惑電話お断りサービスに登録して電話を断るのも有効な方法です。 

 ストーカーやいたずら電話の可能性があり、不安な時は国民生活センターに相談するのも良い方法です。 万一非通知ワンギリの電話に出てしまい高額な請求をされた場合にはすぐに電話を切り、やはり国民生活センターに相談しましょう。

電話番号変えたのに固定電話に非通知のワンギリがかかってくる原因とは?対策・対処方法まとめ

電話番号を変えてもかかってくる非通知のワンギリ電話は、与信調査やいたずら、ストーカーなどが考えらます。

ナンバーディスプレーにしてナンバー・リクエストサービスや迷惑電話お断りサービスを使って、電話を断るのは一つの方法です。しつこくかかってくるストーカーらしい電話には国民生活センターに相談することも考えましょう。不安や心配のもとになる不審な電話を撃退して平和な日々を送りたいものですね。

スポンサーリンク