子ども長靴の洗い方!泥汚れをしっかり落として早く乾かす方法

梅雨の時期によくお世話になる長靴。頻繁に使えば、当然ですが汚れたりお洗濯が必要となってきますよね。でも・・・「長靴ってどうやって洗うの?」「洗濯機で洗うのは抵抗があるけど・・・。」と、悩まれる方も多いハズです。

そこで今回は・・・子供の長靴の洗い方についてのあれこれを見ていきたいと思います。特に、長持ちさせるコツについても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

子どもの長靴の洗い方!泥汚れ退治にはこの方法!

 

まずは、長靴のお手入の方法についてみていきたいと思います。

①長靴が汚れた時はまず最初に、靴底の泥や石を取り除いてから、ぬるま湯や常温水で汚れをよくすすぎ落とします。

②その後、乾いた布等で拭き取っていきましょう。

③内側の汚れは、柄の長いスポンジ等を利用してゴシゴシ洗っていきます。

スポンジは柔らかいものでしっかり洗うのがベストです。固いスポンジや、ブラシなんかは長靴が傷みますので絶対に使わないようにして下さい。この時、石鹸や重層など、石けんならウタマロ石鹸とか落ちが良いですね。泥汚れならクレンザーも効果的ですので、それらを使用して汚れを落とすのもオススメです。

汗の匂いが気になるなら、消臭効果のある重曹・が効果的!

長靴のお手入れにも重曹は役立ちます。使い方も非常に簡単で、長靴の中に重曹を直接ふりかけて一晩置いておくだけ。実際、洗う時にその重曹を使用しましょう。その他、靴下や使い終わったストッキングに重曹を入れ袋状にしたものを長靴に入れておくことでも、消臭効果を発揮するのでオススメです。

10円玉を何枚か入れておくのも消臭効果があると言われています。臭いがきつい場合は、消臭剤を使用するのも一案です。重曹、またはセスキ炭酸ソーダは、今では100均でもスーパーでも手軽に入手する事ができますし、成分も子どもに害を及ぼすものではないので、掃除、消臭グッズとして最適です。中性洗剤で洗っても綺麗になると思います。洗った長靴は、風通しの良い場所に干しましょう。ハンガーに干せば場所を取らず、早く乾かすことができおすすめです。

長靴のニオイ対策と保存の心得

一番の問題とされるのは、子供も大人も長靴のお手入れで気になるのは臭いです

スポンサーリンク

 臭いの一番の原因は、足の汗による雑菌の繁殖によるものです。 したがって、靴の中には雑菌がたくさんいるということになります。この菌を除去すれば、必然的に臭いも減少していきます。無臭にするのは大変ですが、軽減できるならばしておきたいものですね。

 一番簡単に雑菌を退治する方法は、天日干しすることです。素材によって変わってくるものの、基本的に間違いはないでしょう。 もし、天日干しできない場合は、風通しの良いところで陰干ししましょう。外や通気性の良いところに干してあげることにより、湿気の中の長靴を乾燥させ蒸れた臭いを取り除けます。カビ対策にもなりますので、試してみて下さい。洗った長靴を乾かすついでに、臭いも取り除くのがおすすめです。

 長靴を保管する際は、変形防止や湿気防止のため、新聞紙を中に詰めて日の当たらない場所でしまうようにします。 新聞紙は定期的に交換してください。長靴を折り曲げた状態での保管は避けた方が無難です。靴の変形や劣化につながることがあります。

ちなみに、表面が白っぽくなる場合があります。これはラバー表面の老化防止のために内部よりワックスが出て、ラバー表面を保護しているために白くなるのです。ワックスが気になる場合は市販されています。水性シリコーン系ツヤ出し剤、自動車用や家具用があります。ツヤ出し剤を柔らかい布に吹き付けて磨き上げるとワックスがゴムになじんで白くなった物が消えます。ツヤ出し剤を使用する場合、ゴム系が含まれているか確認の上行って下さい。

子どもの長靴の乾かし方!しっかり早く乾燥させる方法!

下駄箱に半年使わずに眠っている長靴はありませんか?実は、長靴は定期的にお手入れした方が良いんです。

ホームセンターに行くと長靴専用の保護剤という物が売られています。ラバー専用と書かれている物が多いようです。その保護剤で年に2回はしっかり拭きます。長靴のトラブルで一番多い硬くなったりする原因は、ゴムの劣化で、ひび割れてきたりなどです。したがって、ゴムの劣化を少しでも遅らせる事ができれば、2倍は通常よりも長持ちさせられます。この保護剤で拭いて、またしっかりと乾燥させて下さい。天日か陰干しがいいですね。あとはまた新聞紙を詰めて、直射日光に当たらない場所で保管をすると良いです。

保護剤もそうですが、洗剤もラバー用の物が売られているようなので、それで掃除をしても良いかもしれません。干す時も長靴専用ハンガーで干すと乾きやすく、またムラなく乾くのでこちらも合せておすすめします。

子ども長靴の洗い方!泥汚れをしっかり落として早く乾かす方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

洗い方、干し方、保管方法、お手入れ、防臭や消臭方法などを見てきました。参考になりましたでしょうか。最近は、長靴専用またはラバー専用の物が売られているので、それらを使うと間違いが無いので、私としてはおすすめしたいと思います。

子供は良く長靴を履きますので、しっかりお手入れをしていただいて、寿命を長持ちさせてほしいですね。

スポンサーリンク