生ジュースにはどんな効果があるの?ダイエットに効果有りって本当?

最近生ジュースは大人気で、ダイエットにもいいと言われています。

確かに果物の生搾りは美味しそうで健康にも良さそうですね。ダイエットにもいいとなれば、これはぜひ飲んでみたいものです。でもどんな果物でも効果があるのか、いつ飲むとさらに効果的なのかも知りたいものです。その辺りの詳細をご案内しましょう。

スポンサーリンク

果物別!生ジュース効果のご紹介!痩身・ダイエットにオススメなのはこの果物!

生ジュースは、いわゆる絞ったままのジュースですから、添加物を含まず、それぞれの果物に含まれている栄養素をそこなわずにすべて吸収できるのが特徴です。果物の種類によって健康効果は異なりますが、主に健康的でダイエットに向くものをいくつかご紹介します。

バナナ

バナナは100gにつき86Kcalと果物の中ではカロリーは高めですが、その分腹持ちが良く、他のものが欲しくならないのでかえってダイエットには効果的です。食物繊維やビタミン、ミネラル、脂質などの栄養素が豊富です。一年中出回っていて値段も高くないので求めやすいのも強みです。

グレープルーツ

グレープフルーツはビタミンCやカリウムが豊富に含まれていて美容効果があります。クエン酸が含まれていて疲労回復の効果もあります。

他の果物に比べて、苺はビタミンCが特に豊富で美容効果が高く、細胞や血管の老化を防ぎ健康増進に役立ちます。

リンゴ

リンゴに含まれる水溶性食物繊維が腸内環境を整え便秘や下痢に効果があります。またポリフェノールが多く含まれ、内臓脂肪をつきにくくし、老化防止の効果も抜群です。

レモン

クエン酸やビタミンCを多く含み、疲労回復に効果的、風邪の予防や美肌効果もあります。

人参

カロチンを多く含みストレス解消に効果的です。

スポンサーリンク

セロリ

ビタミンを豊富に含み、むくみを改善し、老化防止、便秘解消、美容、健康増進にも役に立ちます。

生姜

すりおろしてリンゴや野菜ジュースと混ぜて飲みます。生姜は基礎代謝を上げ、痩せやすい体質を作ります。体温を高めて冷えを改善します、また血行を良くするので、体を冷やしやすい人に向いています。

ケール

抗酸化作用が高く、老化防止に有効です。目の疲れ、目の下のクマ解消に役立ちます。食物繊維が豊富で血中コレステロールを抑えて心臓の健康を守ります。葉酸もたくさん含まれていて脳卒中や心筋梗塞の予防にも効果的です。

生ジュースを作るには低速ジューサーがおすすめ!

低速ジューサーは刃を使わずにスクリューがゆっくり回転し、食材を圧縮しながらすりつぶしてジュースにするもので、従来のジューサーよりも食材の酸化が少なく栄養が豊富に残せるのと葉野菜もジュースにできるので人気があります。

生ジュースの効果を引き出す!飲む時間帯のおすすめとは?

 より効果的に生ジュースを飲むには、朝が一番のようです。朝に生ジュースを飲むと食物繊維や酵素がたくさん含まれているので腸内環境が整えられ、お通じが良くなり、快適な一日を始めることができます。 

また朝食前に生ジュースを飲むと血糖値の上昇を穏やかにする効果があり、食べ過ぎを避けられるので、ダイエットに効果的です。また最近注目されている2~3日行うプチ断食にもカロリーを抑えながら健康的に痩せるために生ジュースを飲むことがすすめられています。

生ジュースにはどんな効果があるの?ダイエットに効果有りって本当?まとめ

果物の栄養価を逃さず全部飲める生ジュースは健康に良く、ダイエットにも有効です。

ジューサーを使えば家庭で手軽に作れるので、ダイエットや健康増進のために効果的な果物を選んで作りましょう。朝一番にコップ一杯の生ジュースで快適な一日を始めたいものですね。

こちらもおすすめ

秋に始める!置き換えダイエットの極意「腹持ち最強食材」ベスト8!

食べる順番ダイエット!ヨーグルトはいつ食べるのが正解? ヨーグルトの効果とは?

白湯の驚きの効果!肌にも便秘にもダイエットにも効果アリ?

夜食べても太らない食べ物は?夜食のすすめ! コンビニではどれを選べばいい?

スポンサーリンク