梅雨に新築着工…建物に影響は出ないのか?ズバッとお悩み解決!

新築、夢にまで見たマイホーム♪ついにマイホームを手に入れるところまでこぎつけた。けれど、マイホーム建築にあたって不安材料が…。

それは、日本に毎年ずーっとある梅雨、雨が降って地かたまるや、救いの雨など雨には良いイメージもありますが、梅雨に新築の家を建てることについては、大切なマイホームが中から水浸しになってしまうので悪いイメージしかないですよね。マイホームが雨で濡れちゃうのは嫌ですよね。

このことから今回は、梅雨に新築に着工することについて取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

新築は梅雨時期に着工しても大丈夫なのか?デメリットはある?

新築は梅雨に着工はだめ?

 梅雨の季節に家の工事が重なると心配になる方も多いと思います。初めに結論を言ってしまうと、大丈夫と言えます。 

木造の家に関しては、初めのうちに屋根まで造ってしまいます。ですから、木材が雨水で濡れてしまうようなことにはほとんどなりません。そして、例え雨などで材料が濡れてしまったとしても、少し濡れた程度では木材はだめになりません。それほど、家に使う木材は乾燥したものを使っていますので、いつも雨水に晒されている状況でなければ、ほんの数日で乾いてしまい普通の状態に戻ってしまいます。よって梅雨の季節に新築の工事を着工しても基本的には大丈夫ということになります。

だだし、ツーバイフォー工法については、屋根ができるまで少々時間がかかってしまうため、雨で材料が濡れないようにするよう注意が必要になります。

建築を請け負う会社によっては、雨で濡れないように対応してくれるところもあるので、前もって雨の際の対応について確認をとっておくと安心できるでしょう。

基礎に使うコンクリートは梅雨の時期でも大丈夫か?デメリットは?

 結論から言うと、コンクリートは雨に濡れてもほとんどの場合大丈夫でしょう。 

コンクリートの養生に関しては、梅雨は湿度もあって気温も丁度いい頃で、品質を確保するのにいい時期といえます。どのような場合に問題があるのか気になる方のため、コンクリートが濡れても問題ないか、ケースごとに確認していきます。

コンクリートが雨に濡れても問題ない場合

  • コンクリートを流しこむ前

全く問題なしです。

  • コンクリートを流して数時間のちに雨が降る場合

水をかけて養生をすれば大丈夫です。(夏場には急激な乾燥を防ぐため水をかけることがあります)

スポンサーリンク
  • コンクリートを流してから数日後、基礎がプール状態になった場合

コンクリート表面より水分が滲み出ることはありません。コンクリートの乾きは、水の問題ではなく、水和反応と言う化学反応で固まるので、水があるorなしによる強度への影響はありません。

コンクリートが雨に濡れたらマズイ場合

基本的には大丈夫と言えますが大丈夫でない場合も…ひとつひとつチェックしていきましょう。

  • コンクリートを流し込む最中に雨が降ってきた場合

少々問題あり。コンクリートは水分量が計算されているので雨が降ることによって本来よりも水分が増えてしまうと品質的によくありません。けれど、土砂降りなどでない限り、大した品質低下とはならないので、少々の雨であれば許容範囲内と言えるでしょう。

実際には、コンクリートの打設の際に雨が混じってしまう建物はかなりの量で存在するようです。天気だけは完全に把握できませんね。

  • 外構土間の仕上げ最中に雨が降ってきた場合

これも問題ありです。これに関しては仕上がりに問題がでてくるケースです。仕上げ面をきれいにしている最中に雨が降ってくると、表面がぶつぶつになったり白くなってしまうことがあります。

新築の6月着工で注意すべきは材料が濡れない事と家の中に雨が入らない事

建築中の家で雨、養生されていないとどうなる?

建築中の家で雨、十分に養生されていないと、その工程によって木部や断熱材が濡れてしまいます。そのことによって、性能の低下を招く恐れがあります。雨水で濡れてしまうものとしては、断熱材・構造用の合板・石膏ボードがあります。断熱材は交換となります。

構造用の合板は、しっかりと乾燥しているか確認した上で、表面の状態も確認して問題なければ、心配はないでしょう。石膏ボードについては原則交換した方がいいでしょう。

また、床下地、土台などの構造部についての様々な部材の雨濡れについては、基本的に現場を確認して個々に判断をすることになるでしょう。けれど、建物が上棟した時点で、できるだけ早い段階で透湿防水シートを貼って雨に備えた対策をするのが望ましいでしょう。

梅雨に新築着工…建物に影響は出ないのか?ズバッとお悩み解決まとめ

一般的な木造の家に関しては、屋根が直ぐにつくので木材が雨水で濡れてしまう心配はないようですね。けれど、ツーバイフォー工法については屋根がつくのが遅いので、現場の材料などに養生が必要になってくるみたいです。

また、コンクリートの基礎の部分についてもそれほど神経質になる必要はないようです。しかし、台風などで大雨になったりしたら、いくら屋根があっても骨組みだけの家は水浸しになってしまうでしょうから、そうならないよう、ハウスメーカーの方に建物の防水対策を相談してみましょう。

夢のマイホームが無事完成するように願います。

スポンサーリンク